ここから本文です

恋や仕事に悩む女性を癒すイラスト展を鑑賞

東京ウォーカー 9月17日(土)10時0分配信

9月22日(木・祝)~27日(火)、国立市のアートスペース88で「たいてい、23時」を開催。写真共有SNS・Instagramで約3万5000人のフォロワー数を誇るイラスト作品「あんなばなな絵日記」の2回目となる原画展だ。

【写真を見る】女性なら共感してしまうメッセージが多数

■ 原画ならではの魅力に迫る

かわいらしいイラストと短い文章で、女性の恋愛模様や日常を描いた「あんなばなな絵日記」。都内在住、20代女性の井上杏乙さんがInstagramで毎日発表しているもので、今回は、Instagramで公開されている1000点以上の中から人気作品はもちろん、未公開の新作も多数展示される。

画面越しでは分からなかった、手書きならではの細かな描写や、色使いを間近に鑑賞することができる。また、9月17日(土)に発売される自身初となる作品集「あんなばなな絵日記」を会場でも販売し、購入者にはサインとポストカードがもらえる特典も。

「新作もたくさん用意していますので、いつもInstagramで応援してくれている方たちにも、新鮮な気持ちで楽しんでもらえると思います。Instagramとはまた違った形で私の絵日記に触れてもらえることを、とてもうれしく思っています。気軽に立ち寄ってくださいね」(井上杏乙さん)。

ユルっとかわいいイラスト展へ、心の栄養補給に立ち寄ってみては。【東京ウォーカー/和田麻里】

最終更新:9月17日(土)10時0分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

東京ウォーカーの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]