ここから本文です

妄キャリ“イナズマ”初参戦で「irony」を初披露!

Smartザテレビジョン 9月17日(土)17時30分配信

でんぱ組.incを輩出した“秋葉原ディアステージ”発の6人組アイドルユニット・妄想キャリブレーションが、9月17日に滋賀・草津の烏丸半島芝生広場にて行われた野外フェス「イナズマロック フェス 2016」に初参戦を果たした。

【写真を見る】妄キャリが新曲「アンバランスアンブレラ」のブルーを基調としたポップでカジュアルな新衣装で登場!

妄キャリは昼0時台の“風神STAGE”に出演。メインの“雷神STAGE”開演前の早めの時間帯にもかかわらず、会場はファンで埋め尽くされた。

9月28日(水)リリースの新曲「アンバランスアンブレラ」のブルーを基調としたポップでカジュアルな新衣装で、オープニングSEと共にさっそうと登場すると、早速1stシングル「ちちんぷいぷい♪」を披露。

キャッチーで強力なEDMサウンドで、初めて妄キャリを見た観客をも魅了すると、「人生はいじわるなの…かな?」「YOUをちぇっくします!」と、3曲連続で立て続けに歌い上げた。

また、この日病気療養中だった胡桃沢まひるが復帰後、約1カ月ぶりの6人態勢でのステージとなった妄キャリ。

星野にぁは「実は、まひるがちょっとお休みをいただいていたのですが、このステージには絶対に6人そろって立ちたいと、今日に向けて準備してきました!」と、このステージに懸けた意気込みを語った。

その後、「アンバランスアンブレラ」のカップリング曲「irony」を初披露。

今回、アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第1期オープニングだった本楽曲を、DJ'TEKINA//SOMETHINGによるアレンジでカバーすることで話題を集めていたが、桜野羽咲が「この曲は“いつか妄キャリでアニソンタイアップを歌いたい!”という私たちの夢への第一歩です!」とステージで叫ぶと、会場中のファンから盛大な拍手が贈られた。

ラストにはメンバーが初めて作詞にも挑戦した新曲「アンバランスアンブレラ」を歌唱、会場のボルテージも最高潮に達した。あっという間の約25分のステージを終え、名残惜しくもステージを後にした。

なお、新曲「アンバランスアンブレラ」の各地リリースイベントも発表され、東名阪を中心に、彼女たちが誕生した“秋葉原ディアステージ”での開催も決定。

さらに、妄キャリは10月14日(金)の東京・渋谷WWW Xから、ファイナルとなる12月25日(日)の東京・新木場STUDIO COASTまで、計12カ所の全国ツアーも控えている。

年の瀬まで、彼女たちの勢いは妄想ではなく、現実世界でまだまだ止まらないだろう。

最終更新:9月17日(土)17時30分

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年38号
9月21日

特別定価:350円

表紙:KinKi Kids
全37本 秋ドラマ完全ナビ!
激レアグッズ大プレゼント
秋の新ドラマ主役インタビュー