ここから本文です

人気キャンディショップ「パパブブレ」が千歳飴に参戦

東京ウォーカー 9月17日(土)21時30分配信

男子は5歳(と地域によっては3歳も)、女子は3歳と7歳の祝いに着物を着て神社を訪問する七五三に欠かせないのが千歳飴だ。人気キャンディショップ「papabubble パパブブレ」では、2016年9月21日からオリジナルの千歳飴を販売する。

飴そのもののデザインも可愛い!papabubbleの千歳飴 1200円(税込)

フレーバーは子どもも大好きなイチゴ、レモンそしてコーラの3種。パパバブレならではの高い技術で作られた飴の絵柄も注目だ。

またパッケージは福岡に住む陶芸家の鹿児島睦に制作。本人曰く「千歳飴の固定概念で描かないよう、とにかく楽しい袋にしようと考えた。私自身もこのおじいさん、おばあさんやイヌ、ネコたちのように仲良くすごせたらいいなと思っている」とコメントするとおり、子どもだけでなく大人も欲しくなるようなデザインになっている。

七五三は写真スタジオなどで記念撮影をするケースもあり、千歳飴を持ってのポージングが定番という人も多いだろう。皆が楽しくなるような千歳飴を持たせたら、いいショットがたくさん撮れるかも?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9月25日(日)23時46分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう