ここから本文です

汚部屋オンナの恐怖の実録「1000本の“しょんペット”」&「ゴミの圧で壁に大穴」

週刊女性PRIME 9/17(土) 16:21配信

“汚部屋”に“ゴミ屋敷”……その内部を見たコトはありますか? アリ地獄のように身動きが取れなくなるほどのゴミ。仕送り段ボールの中からは、腐ったフルーツが異臭と小虫を放ち……。しかし、その住人はいたって普通に見える女性の場合が多いとか。アナタの隣人も、もしかしたら……? 【特集・汚部屋オンナ 最終回】 数々の汚部屋に潜入取材した実話系ルポライターの村田らむさんが、“汚部屋オンナ”たちの実態をご紹介! 

なんと1000本以上のペットボトルが部屋を占拠

 ゴミ質は悪くない、と当初聞いていた部屋。

 ゴミ質の善しあしは、基本的に濡れているゴミ=悪、乾燥しているゴミ=よしとされています。濡れれば重いし、時間がたつと腐って異臭を放つから。

 雑誌や衣類を片づけていると、突如2リットル入り烏龍茶のペットボトルが現れた。しばらくするとまた出てくる。すべて中身は茶色い液体。

 ボクは掃除開始5分でその液体をかぶってしまったのですが……鼻をつんざくアンモニア臭。しょんべんの入ったペットボトル、略して『しょんペット』でした。

 糞尿の場合は処理場が受け付けてくれないため中身を抜く必要があります。

 200、300……結果、1000本以上のしょんペットが下のほうからも出てきた。尋常じゃない数なので、汚部屋になる前からペットボトルで用を足していたのでしょう。

 掃除を進めていくと、歴代のゲーム機が出てきました。ゲーマーはこういうことをしがちだと聞きました。

 結局、ここの家の住人はしょんペットに追いやられ、部屋にいられなくなって車の中で生活していました。

◎こんなオンナが住んでいる
・かなり太った看護師
・ゲームおたく
・しょんペットコレクター

恐るべしゴミのパワー、ゴミの圧で壁には大穴が! 

 依頼主はメガネをかけた高収入OL。

 ココは玄関を開けたとたん冷や汗が出た現場。

 ゴミが背の高さくらいまであって、しかも長年の蓄積で圧縮された状態。このゴミをよじのぼって上の隙間から中に侵入。

 中に入ってもこの状態は同じで、ゴミの圧力によってトイレのドアは破損。圧がかかりすぎた壁紙は浮いてしまい、ベローンと垂れ下がっている。

 奥のほうはもっとヒドく、エアコンの位置までゴミがたまっている。

 とりあえずゴミを出しまくろうとすると「カメラがあるので絶対に捨てないでください」と依頼主の声が。カメラが趣味というが、この部屋のどこに保存しているのだろうか? 

 しかし、掘り進めていくと、かなり高額な一眼レフやらライカが出てきた。

 ゴミが減っていくと、なんと壁には大きな穴が!  ゴミの圧力で壁が抜けてしまったんでしょう。これには家主もびっくりしていましたね。

◎こんなオンナが住んでいる
・30代の稼ぎのいいOL
・物量が多すぎる
・高尚な趣味(カメラ)
・軽くうるさ型

◎取材/村田らむ
ライター、イラストレーター、漫画家。汚部屋やホームレスなど、ディープな潜入取材が得意。『孫の手』での体験をまとめた『ゴミ屋敷 奮闘記』(有峰書店新社)が発売中。

インタビュー・文/アリス美々絵

最終更新:9/21(水) 17:06

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。