ここから本文です

責任感が強い人は特に注意!疲れた心の癒やし方とは?

ファンファン福岡 9/17(土) 17:00配信

あなたは疲れを感じたとき、元気を失っているとき、本音を言える知り合いがいますか?

実は、責任感が強い人ほど弱みを見せられず、自分の心が「ヘルプ」を出していることに気づきにくい傾向があります。そのためケアがなかなか行き届かずに、無理を続け、体と心のバランスが崩れてから病院にかかる……という方がほとんどです。

何も気にせずに遊ぶ、心のモヤモヤを書き出す

もちろん、トラブルのない人生なんてありえません。多かれ少なかれ、生きていくうえでそれは避けて通れないのです。トラブルを抱えて、結果、心のバランスを崩してしまうなんてことは大いにありえます。ですから「もし病気になったらどうするか」を常に考えていてほしいのです。

例えば、心にエネルギーをつけるためには休息はもちろんですが、一番は子どものように何も気にせずに遊ぶことです。また、定期的に自分の気持ちと向き合うようにすることも心がけてください。日記帳やノートに心のモヤモヤを書き出すと、日々の中で心の声に耳を傾けることになり、それだけでも、あなたの生活はぐっと良くなるはずです。

Dr.クロキ

「Dr.クロキ」では『ココメンテ』と題して経営者・お母さん向けの“心のメンテナンス”を実施しています。少しでも「心が疲れているかも」と感じる方は、ホームページ(http://dr-kuroki.com/)からぜひ一度お気軽にお問合せくださいね。

ファンファン福岡

最終更新:9/17(土) 17:00

ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。