ここから本文です

久保建英、芸術的な先制FK弾!キャプテンらも得点量産し7発圧勝。日本は白星発進

フットボールチャンネル 9/17(土) 1:21配信

【日本 7-0 ベトナム AFCU-16選手権インド2016】

 現地時間16日にAFCU-16選手権インド2016が行われ、U-16日本代表はU-16ベトナム代表と対戦。久保建英などの攻撃陣が得点を積み重ね、日本は7-0の勝利をおさめている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 U-16日本代表はかつてサンフレッチェ広島ユースの指揮官として数多くのタイトル獲得に導いた森山佳郎監督が率いている。U-17W杯出場を目指して最初の試合に挑んだ日本。先日、FC東京に2種登録された久保や平川怜をベトナム戦で先発起用した。

 試合開始して11分に日本が最初のチャンスを作る。相手のパスをカットした中村敬斗がドリブルで仕掛けシュートを放った。これは惜しくもゴール左に外れている。

 それでも16分、ゴール真正面の位置でFKのチャンスを獲得すると久保が鮮やかなシュートをゴール右に突き刺した。さらに24分、一瞬の隙を突いてキャプテンの福岡慎平がDF裏に抜け出し追加点を決める。前半終盤の40分にもスローインからボールを受けた宮代大聖が反転して豪快なシュートを放ち3点目が入った。

 攻撃の手を緩めない日本は、46分にも宮代に決定的なシーンが訪れたがこれは相手GKにセーブされてしまう。しかし51分、コーナーキックから一度は相手GKに跳ね返されるも福岡がヘディングで押し込み4点目が決まった。

 そして、64分には久保がドリブルで相手選手を交わし角度のないところからボールをゴールに流しこむ。続けて78分に監物拓歩、85分に山田寛人もゴールを決めた。その後も主導権を握り続けた日本は無失点で試合を終え、7-0の勝利をおさめている。攻撃陣のゴールラッシュにより日本は白星スタートとなった。

【得点者】
16分 1-0 久保(日本)
24分 2-0 福岡(日本)
40分 3-0 宮代(日本)
51分 4-0 福岡(日本)
64分 5-0 久保(日本)
78分 6-0 監物(日本)
85分 7-0 山田(日本)

フットボールチャンネル

最終更新:9/17(土) 7:42

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。