ここから本文です

為末大氏「パラリンピック報道に違和感」

メディアゴン 9月17日(土)7時30分配信

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

***

アスリートで、スポーツに対し積極的な発言を行っている為末大氏が、9月16日の朝日新聞で、パラリンピックについて興味深い発言を行っている。以下に要約し、引用する。

(以下要約の上引用)
 *パラリンピックを見ていると、劇的にパフォーマンスが上がっている。
 *一方でパラリンピック報道には違和感を持つ。
 *パラリンピックでは(クラスが細かく分かれるため)出場選手が著しく少ない種目がある。
 *よって、競技レベルが高くない種目が見受けられる。
 *それなのに、ことパラリンピックに関しては、どんな結果やパフォーマンスであれ「すごい」と言わないとイケない空気を感じる。
 *すでにすさまじいレベルに達している競技も、アスリートもいる。
 *ただ、選手の肉体を見ていて、例え障害があっても、もう少し鍛え上げられたのではないかと感じることがある。
 *パラリンピックは、肩入れして力んで見てしまうことがある。力みが取れ自然に観戦できるようになるべきだと思うが。それにはもう少し時間がかかるのだろうか。

為末氏のこの見方に、筆者としては全面的に賛同する。
筆者は2020年の東京オリンピックは、オリンピックとパラリンピックを同時開催すべきだと感じている。オリンピックで日本男子が400mリレーで銀メダルを取った後に、パラリンピックの障害者400mリレーで銅メダルを取ったら盛り上がることこの上ない。これができて初めて障害者と健常者の共生が成る。

オリンピックもパラリンにピックも超人同士の戦いである。その超人の背後には大多数の普通の健常者と、普通の障害者が存在するのである。

それを感じるためにも、2020年東京大会ではオリンピック・パラリンピックの同時開催をすべきではないだろうか。

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

最終更新:9月17日(土)7時30分

メディアゴン