ここから本文です

世界最古、6000年前の「ジーンズ」を発見

ナショナル ジオグラフィック日本版 9/17(土) 7:20配信

ペルーの遺跡で見つかったインディゴブルーの綿織物

 遠い未来の考古学者たちは、綿をインディゴで染めたズボンを20~21世紀の一般的な衣服として分類するだろう。「ジーンズ」と呼ばれるこれらの服は「スキニー」、「ブーツカット」などに細分化され、あらゆる土地で見つかることから、貿易や文化が急激にグローバル化した証拠とみなされるはずだ。

5000年前、世界最古のドレス

 同時に、2016年9月14日に学術誌「Science Advances」に発表された興味深い論文も引き合いに出されるだろう。人類が少なくとも6000年前には綿をインディゴ染料で染めていたことを示唆する論文だ。

 論文を執筆した研究者たちはワカ・プリエタ遺跡から出土した綿織物の8つの断片を分析していたとき、この驚くべき事実を発見した。ワカ・プリエタはペルー北部に位置し、1万4500年前~4000年前まで人々が生活を営んでいた。8片の布は袋や容器の一部と推測されており、ほとんどが1平方フィート(約930平方センチ)以下だった。

 研究に参加した考古学者のジェフリー・スプリッツトーザー氏は「最初は泥まみれの布でした」と振り返る。「青みがかった布もありましたが、ほとんどグレーでした。ブルージーンズがどのように色あせるか知っているでしょう? まるで6000年前のブルージーンズでした」。スプリッツトーザー氏は織物の構造に詳しい。

 研究チームは高速液体クロマトグラフィーという手法を用い、8つのサンプルのうち5つに植物由来のインディゴ染料が含まれているかどうかを調べた。5つのサンプルの年代は6200年前~1500年前くらいにまたがる。

 これまで知られていた最古のインディゴ染めの織物はエジプト第5王朝の遺跡から発掘されたもので、年代は紀元前2400年ごろだった。

 綿花は南アジア、中東、メソアメリカなど世界の数カ所で、独自の品種が栽培されていたと考えられている。しかし、その中でも、ペルー北部の沿岸地域で最も早く栽培が始まったようだ。固有の品種Gossypium barbadenseはピマコットンの名でも知られ、現代の綿工業に使われているハイブリッド品種のもとになっていると、スプリッツトーザー氏は説明する。

「南米の人々は本当の意味で、ブルージーンズ(の歴史)に貢献していたのです」

文=Kristin Romey/訳=米井香織

最終更新:9/17(土) 7:20

ナショナル ジオグラフィック日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。