ここから本文です

ジュニア世代の試合データから読み取る、8人制サッカーの可能性

webスポルティーバ 9/17(土) 18:10配信

「出場機会の少ない選手のために」というコンセプトのもと、今年から開催されているサッカー大会、ニューバランスチャンピオンシップ。7月のU-13大会(静岡・時之栖〈ときのすみか〉)に続き、U-12 大会が8月15日から、U-11大会が8月17日から、それぞれ3日間にわたってJ-GREEN堺(大阪)で行なわれた。

 この2大会では、ジュニアサッカー大会で定着している8人制が採用されている。試合時間は20分ハーフで、フィールドの大きさは11人制サッカーの半分。選手同士の距離が短く、コンタクトが多くなるのが特徴だ。

 実際に、U-11大会決勝ではタックル数の多さが際立った。

 決勝に進出した両チームに提供される、データスタジアム株式会社の試合データでも、横浜F・マリノスプライマリー(神奈川)の24回、レジスタFC(埼玉)の22回という両チームのタックル数がインパクトスタッツ(試合で優れていた、特徴的だった数字)に選ばれている。Jリーグの1試合平均のタックル数は9.3回(40分換算)。その2倍以上の数字となったが、レジスタのファウル数が0回だったように、クリーンなボールの奪い合いが展開された。

 フィールドが狭いため、ボールを奪ったら少ないタッチで相手ゴール前に迫ることができる。それを意識した攻めを見せたのはレジスタだ。プレー平均位置の図からもわかるように、ハーフウェイラインより前で積極的にボールをチェイスし、こぼれ球を相手の倍となる16回拾って2次、3次攻撃につなげた。そして、ディフェンスが寄ってくる前にワンタッチでシュート。ゴール前に持ち込むだけでなく、MFの6番・中田選手がPA外から4本のシュートを放つなど、マリノスゴールを幾度もおびやかした。

 守備の時間が長くなったマリノスは、ボールを奪取する能力に長け、相手からのタックルにも強いDFの14番・佐藤選手を中心にゴールを死守した。ボールを奪ってからは、最終ラインが高いレジスタDF陣の裏を狙うスルーパスを多用。これが功を奏し、後半6分にドリブラーのFW、13番・斎藤選手が抜け出して決勝点を挙げた。

1/2ページ

最終更新:9/17(土) 18:10

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。