ここから本文です

【浮気事件簿】エリート節約女子がガテン男子にコンビニで逆ナン愛。調査結果は地獄か天国か!?

Suits-woman.jp 9/17(土) 10:01配信

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこかを紹介。

今回の依頼者は清水順子さん(仮名・35歳)。彼女は超有名な飲料メーカーの総合職女性。ボブヘアにブームのテラコッタ色の膝丈ワンピースを着て、ボロボロのブランドバッグを持っています。靴はよく手入れされているけれど、これまたボロボロになっているイタリア製のパンプス。ネイルはセルフでピンク色に塗られていますが、マニキュアがはみ出ています。メイクも薄く上品な印象で、“きちんと女子”を絵にかいたような女性。

どっしりとした体型と、ハードに水仕事をしている人に特有の力強い手をしており、パッと見、旦那様の浮気調査かと思いました。

「調査をお願いしたいのは、付き合って3年になる彼のことなんです。たぶんほかに女性がいます。“浮気をしているでしょ?”と何度言っても“違うよ”と言われてしまい、どうにもこうにも先にすすめないんです」

順子さんは27歳のときに元夫と離婚していて、5年間も彼氏がいなかったと言います。

「もともと私はすっごくさみしがりやで、それが原因で元夫から離婚されちゃったんです。早く家が買いたかったから、節約のためにも毎日お弁当を作ってたんですよ! それだけしてあげていたんだから、顔を合わせるたびに“愛している”って言われたかったです。結婚したらラブラブな毎日を過ごせると思っていたのに、元夫の愛情はどんどん冷めていき、ホントに苦しかったです。仕事や勉強の時間以外は、ずっと愛されていたいんです。家にいる間はずっとベタベタしたいし、同じ映画を見て感動したいし、元夫と同じ趣味がしたくて、スキューバダイビングのライセンスもとったんですよ。でも“もう、自由にしてくれ”ってたった1年で離婚されてしまったんです」

それから順子さんは、恋人が欲しいと思い、お見合いパーティーに参加したり、ナンパされにバーに行ったりしたといいます。

「いつも遊ばれて終わってしまって。私、1回ゴハンに行くと、2回目がない女なんですよ。“彼氏になって”とお願いしても、それはちょっと……と返されてしまって。私、いい会社に勤めていて、年収は700万円あるし、節約好きだから貯金も2千万円あります。料理も得意だし、家事も上手だし、優しいし、頭いいし、英語も話せるし、正確も明るいです。非の打ち所がないと思うんですけど、全然男性から愛されないんです。私は私だけを見てほしいだけなのに……。お金があっても愛されないし、孤独は癒されないんですね。私だけのことをギュッとしてくれる腕が欲しいんです」

1/2ページ

最終更新:9/17(土) 10:01

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。