ここから本文です

高知東生さんは回復できる気がする理由 --- 田中 紀子

アゴラ 9/17(土) 7:10配信

昨日、覚醒剤を使用、所持したとして覚醒剤取締法違反などの罪に問われた、
高知東生被告の判決公判が行われました。結果は、懲役2年、執行猶予4年が言い渡されました。

しかし、この高知さんって人は、類まれなる正直さを持っているよなぁ・・・
と、今回の一連の報道を見ていて思いました。
なんとなく「この人なら回復できそうな気がする」と思います。

というのもですね、現在薬物の通院治療を受けているそうで、その効果が大きいのかもしれませんが、裁判中に10代からの薬物使用を告白したのには、まず驚きました。

だって、わざわざ自分が不利になるような証言を、裁判ですることもないじゃないですか。
黙っていれば、わからないことなんですから。

でもですね、回復を目指そう!と決意し、そのプログラムにのったなら、有利不利といった「人がどう評価するか?」ということは問題じゃなくなるんですよね。

大切なのは
「自分で自分を嫌いにならないかどうか?」
「自分が自分を見捨てたくなるような行動はしない」
ということなんですよね。

だから高知さんは、自分の卑怯さで自分を嫌いにならないように、全てを告白したんだと思います。

それとですね、高知さんは初公判で薬物を断ち切れるか聞かれて「正直、不安です」と答えています。
この言葉は、支援者からみたら、大きな希望。これを聞いただけでも「この人、回復できるかも!」と思いますね。

「もう絶対やりません。大丈夫です、信じて下さい!」と強い決意を示す人は、大抵またやります。
依存症と言う病気を、意思の力で克服できると、なめてかかっている訳ですから。

よく例え話で話すのですが、もし糖尿病だったら「意志の力で血糖値を下げてみせる!」なんてできるでしょうか?まず無理ですよね。食事療法や、薬でコントロールしますよね。

依存症も同じです。
意志の力ではなく、回復プログラムで回復します。

そして、この依存症の回復プログラムで、最も大切なことは「正直さ」です。

では、人間最も不正直になることは何でしょうか?
それは例えば誰かを騙そうと「嘘をつく」というようなことではありません。
答えは「誰かの期待に応えようとすること」です。

だから私たちは「正直さ」の反対語を「嘘」とは考えません。
「正直さ」の反対は「不正直」と言っています。

「誰かの期待に応えようと、無理して不正直になる」
この積み重ねは、依存症の道へまっしぐらとなります。
何故なら人の期待に応えようとする人生は、辛く、むなしく、苦しく、圧力がかかり、何かを使って全てを忘れたくなるような人生だからです。

ですから、裁判長。
裁判長が判決文でおっしゃった、
「これからは支援者の期待を裏切らないように頑張ってください」
というお言葉は、真に更生を願うのであれば逆効果です。

どうせお言葉をかけて頂くのなら、
「これからは自分を裏切らないように、周りの期待に応えようと無理をしないで下さい」
とおっしゃって頂きたかったです。

ついでに申し上げるなら、
「あなた自身がきれいな体になることが一番だと思います」
と言われると、まるで依存症者の身体が「汚い」かのようで、誤解や偏見を増長します。
ここは「あなた自身が健康な体になることが一番だと思います」と正確に発して欲しかったです。

依存症の裁判で、毎回思うことは、裁判官は、浪花節や道徳観で人を裁くのではなく、ご自身がまず正しい知識を身に付け、言葉遣いには充分な配慮をして欲しいと思います。

高知さん、これからは誰かの期待に応えるのではなく、自分で自分に「回復できるんだ!」と期待してあげて下さい。高知さんの正直さがあれば、回復は充分可能だと思います。私たち皆でエールを送り、高知さんの回復をお祈り致しております。


編集部より:この記事は、一般社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表、田中紀子氏のブログ「in a family way」の2016年9月16日の記事を転載しました(見出しの一部をアゴラ編集部で改稿)。オリジナル原稿をお読みになりたい方は「in a family way」(http://officerico.co.jp/blog/?p=4330)をご覧ください。

田中 紀子

最終更新:9/17(土) 7:10

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。