ここから本文です

多少下品な言葉を使った方が友人との絆が深まる

ライフハッカー[日本版] 9/17(土) 19:10配信

口の悪い人に、科学の世界から嬉しいお知らせが届きました。

母親からどんなしつけを受けていたにせよ、下品な表現をたくさん知っている人は、口汚い言葉を一切使わない人に比べて語彙力が高くなる傾向にあることが、最近の研究から明らかになりました。しかも、決して丁寧とは言えない表現をそれなりに知っていると、ほかにもメリットがあることが科学的に判明したようです。

友達がほしかったら下品な言葉を使うべし

「下品な言葉を口にすることは、実は有用なスキルである」Noah Berlatsky氏は先ごろ、ビジネスメディア「Quartz」でそう述べています。だから、同氏の妻が12歳になる息子の前で下品な言葉を口にしてもまったく気にしないのだそうです。では、船乗りのように乱暴で下品な言葉を使うことにはどんなメリットがあるのでしょうか? Berlatsky氏は自身の主張を裏づけるべく、Michael Adams氏が書いた『In Praise of Profanity』の一節を引用しています。

”(下品な言葉には)「人を団結させる」など、有用な社会的機能が多くあります。悪態をつくことに親しみが伴うのは、そうすべきではないことを認識しているからにほかなりません。私の息子は、母親が自分の前で悪態をついたり口汚い言葉を発したりすることで、息子への信頼感を再確認していることをちゃんと理解しています。そして、そういった言葉使いは自分と母親2人の間に限られており、学校ではそんなふうに話すべきではないこともわかっています(そうであってほしいです)。

Adams氏は著書でこう述べています。「下品な言葉は意外にも、人間関係を育む上で有益であり、それは、そういった言葉がリスクを伴っているからなのです。(中略)私たちは、リスクに手を出しても何とかなるだろうと考え、時として、気の合う仲間に対してそういう表現を使うのです」”

口汚い言葉を発するとはつまり、禁じられた行為にちょっとだけ手を出すということであり、それにより、少しだけ他人に弱みをさらけ出すことになります。ですから、下品な言葉を投げかけることは、相手との絆を深める効果的な方法なのです。下品な表現は、芸術面でも役に立つとAdams氏は指摘しています。それが本当かどうか疑がわしいと思ったら、マフィアをブラックユーモアたっぷりに描き出したTVドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」や、大人を対象にした絵本「Go the F*** to Sleep」から下品な表現や罵り言葉を排除したらどうなるか、想像してみると良いでしょう。

とはいえ、5歳になるあなたの子どもが幼稚園で先生のことを、当サイトでは決して文字にできないような言葉を使って呼んだとしても笑って見過ごすべきだ、などと言っているわけではありません。時と場合をわきまえなければならないのは言うまでもありません。それに、下品な言葉を口にできるのは、とらえがたい社会の常識を十分に理解している人だけとすべきでしょう。

けれども、人間として十分に成熟しており、判断が難しい微妙な状況を的確に切り抜けたり、あまり良く知らない人でもきちんと見抜いたりできるのであれば、下品な表現は本当に有用であることを科学が証明しています。思い切って悪態をつくことは実際に、相手が新しい知り合いであろうが旧知の仲であろうが、絆を深めるための絶好の手段なりうるのです。


The Science of Swearing: Your Filthy Mouth Helps You Make Friends|Inc.

Jessica Stillman(原文/訳:遠藤康子/ガリレオ)
Photo by Shutterstock

最終更新:9/17(土) 19:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

なぜ今? 首相主導の働き方改革