ここから本文です

『BFG』声優デビュー本田望結「私の運命の出会いは…」

女性自身 9/17(土) 6:00配信

「『くまのプーさん』を見て、ディズニー作品のファンになりました。DVDもたくさん持っているんです」

 そう話すのは、’11年のテレビドラマ『家政婦のミタ』でブレーク。女優としての活躍に加え、フィギュアスケーターとしても活躍する本田望結(12)。9月17日より全国公開のディズニー映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(以下、『BFG』)の日本語吹替え版では、ヒロインのソフィーを熱演。声優デビューを果たした。

「『BFG』を監督したスティーブン・スピルバーグさんの『E.T.』『ジュラシック・パーク』なども大好き。本作に参加できたことは、私にとって一生の宝物です」

 BFGは、夜ごと子供たちに夢を送り届ける、優しい巨人。両親を亡くし、児童養護施設で暮らす孤独な少女ソフィーはBFGとともに、人間を狙う凶暴な巨人たちへ戦いを挑む。望結ちゃんは、好奇心旺盛で勇敢なソフィーに共感して演じることができたと語る。

「ソフィーちゃんは、負けず嫌いで、何が起こってもあきらめないという強い気持ちを持っています。そこは自分に似ていると思いましたが、本田望結を出さず、ソフィーちゃんになりきるように心掛けました。特に叫ぶシーンはうまくできたと思っています(笑)」

 いちばんのお気に入りは、ソフィーがBFGと運命の出会いを果たす場面。

「ソフィーが窓の外を見たことでBFGに気付き、2人は運命的に出会うんです。素敵なシーンだと思いました。私にとって、運命の出会いは家族。きょうだい5人がみんなフィギュアスケートをやっていて、年齢に関係なくお互いを尊敬し合っているんです。私も尊敬してもらえるような妹、そしてお姉ちゃんでいたいなと思っています」

 望結ちゃんがBFGにかなえてもらいたい、とっておきの夢とは?

「大人になった自分の姿を見てみたいですね。寝て見るほうの夢では、最近、私が家族とはぐれて迷子になるという怖い夢を見て。その後は、お母さんや妹の手をしっかり握って出かけるようになりました。怖い夢はBFGが取ってくれるはずなので、取るのを失敗したから、私に来ちゃったのかな(笑)」

最終更新:9/17(土) 6:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。