ここから本文です

クーポン、値引き、セールが好き! でも本当にお得なの? [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 9月17日(土)17時0分配信

Yahoo!ファイナンスなどでも経済情報を発信し、ファイナンシャルプランナーとしても活躍中の花田浩菜さんが、お金の悩みに回答してくれました♪

今回のお悩み読者:M.t
33歳 / 主婦 / 神奈川県在住

Q: クーポンや値引き、セールに弱くてつい買い物しちゃいます。本当にお得かどうか見極める方法ってないですか?

A:「大満足!」が見極めポイントに!

クーポンや値引きなど、一見おトクに見えがちな情報や、宝の山に見えるセールも、使い方によっては「おトクではない」状況になってしまいます。
「本当におトクか?」の見極めポイントは、実は商品ではなく、あなた自身に潜んでいます。

【まず、買う前に…「それを買う理由」を考えてみましょう】

その理由が「安いから」なら、買うのを止める方がベター。「安い」が理由で購入したものは、満足度が低く「使わなかった」となってしまったり、「期限までに使い切らなきゃ!」と期限に追われることも。これではいくら安くとも、全くおトク感はありませんよね。

一方で、「今、これ必要!」なものや、「本当に欲しい!!」ものを買った時には、心から満足するので、値段よりも「満足感」の方が勝ります。
100円で満足しないものを買うよりも、1000円の大満足!を買った方が心にも良い影響を与えてくれ、結果的に無駄のないお買い物に繋がります。
「クーポンの期限が切れそうだから、安いから買う!」というシチュエーションではなく、「買おうと思ってたこの商品、今セールだった!」というケースや、「この化粧品が欲しい!」と情報を検索し、「他より安く買えた♪」というケースの方が想像してみても「本当のおトクな買い物」に聞こえてきませんか?

【ついついムダ使いタイプにぴったりな、「満足度の上がる買い物へのチェックポイント2」】

「安いから」を理由に買うのではなく、「これ必要!」「これ欲しい!」という、「欲しいものありき」のお買い物スタイルにチェンジする為に、買い物前に試したい「満足度の上がるチェックポイント2つ」からはじめてみませんか?ついついムダ使いタイプの方には、是非お勧めですよ。

1、欲しいものがある!→セールしている場所はある?ネットでおトクに買えたりする?などまず自分自身で情報収集。

2、買い物にいく前には「必要なもの、欲しいもの」をまずリストアップしてから出かける。

セールに翻弄されず、買い物にも「自分スタイル」をしっかり持つことが、ムダより満足度を増やすお買い物にチェンジ出来る近道となりそうです。
ぜひ簡単なことから試してみて下さいね。

最終更新:9月17日(土)17時0分

講談社 JOSEISHI.NET