ここから本文です

ミラン、不満分子のバッカ弾でサンプ戦1-0勝利! 本田は今季3試合目の出番なし

Football ZONE web 9/17(土) 6:11配信

練習中にモンテッラ監督と対立し、先発落ちも意地の一撃

 日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは、16日に行われたリーグ第4節の敵地サンプドリア戦でFWカルロス・バッカの一撃で、1-0の勝利を手にした。本田は開幕から4試合連続でベンチスタートとなり、今季3試合目の出番なしに終わった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ミランは試合前のトレーニングでヴィンチェンツォ・モンテッラ監督と口論になったと報じていたバッカがベンチスタート。昨季セリエB(2部相当)得点王でペスカーラから新加入のFWジャンルカ・ラパドゥーラをセンターフォワードに据えてスタートした。

 しかしミランは、前線の選手が孤立し、組織的な攻撃は全く見られなかった。個人能力に優れたFWスソ、FWエムベイエ・ニアングの両ウイングにボールを預けての独力での突破か、2列目からMFジャコモ・ボナベントゥーラが攻撃参加して強引な攻撃を繰り返すばかりで、決定機を作り出すことはできなかった。逆にサンプドリアのスピード感のある攻撃に手を焼き、FWルイス・ムリエルにあわやというシーンも作られたが、0-0でハーフタイムを迎えた。

スソの決勝アシストで本田はさらに苦しく

 試合の流れが変わったのは後半19分に見せ場を作れなかったラパドゥーラに代えてバッカが投入されてからだった。バッカのタイミング良く裏に飛び出すプレーが機能し、後半40分にこの日唯一のゴールが生まれる。サンプドリアの最終ラインがパス交換中のミスを犯すと、そのボールをスソが拾う。バッカにラストパスを通し、バッカがゴール右に決めて先制に成功した。これが決勝点になり、1-0で開幕戦のトリノ戦以来3試合ぶりの今季リーグ2勝目を挙げた。

 出番なしに終わった本田は4試合経過時点で全試合がベンチスタート。うち3試合が出番なしに終わり、出場時間は前節ウディネーゼ戦で後半途中に出場時の11分間。完全にベンチ要員となっている。

 今節も右ウイングのポジションを争うスソが決勝アシストをマークしただけに、さらなる苦境に直面することになる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/17(土) 6:11

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。