ここから本文です

村田諒太&香川照之が予想する「中量級スーパースター」の激突マッチ

webスポルティーバ 9月17日(土)18時20分配信

9月のボクシング祭り

 2016年9月は、世界のボクシングファン垂涎(すいぜん)のビッグマッチが連発。さる9月10日には、“ロマゴン“ことローマン・ゴンサレス(ニカラグア・29歳)が4階級制覇を達成し、3団体統一ミドル級王者のゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン・34歳)が貫禄のTKO勝利で防衛した。

 そして、9月後半戦も見逃せない。9月17日(日本時間9月18日)は人気・実力とも世界最高峰のサウル・アルバレス(メキシコ・26歳)が、そして9月24日(日本時間9月25日)には日本の帝拳ジム所属のホルヘ・リナレス(ベネズエラ・31歳)が、それぞれタイトルマッチに臨む。

 前編に引き続き、ロンドン五輪・金メダリストの村田諒太と、芸能界屈指のボクシング通で知られる俳優の香川照之氏に見どころを語ってもらった。


【WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ】
サウル・アルバレスvs.リアム・スミス

 サウル・アルバレスは26歳にしてキャリア11年、49戦47勝(33KO)1敗1分の戦績を誇る。唯一敗戦した相手は、あのフロイド・メイウェザー・ジュニアだ。これまでスーパーウェルター級(WBA・WBC)、ミドル級(WBC)の2階級で世界タイトルを獲り、今回は本来の階級であるスーパーウェルター級に戻して王座奪回を狙う。

 迎え撃つ王者リアム・スミス(イギリス・28歳)はキャリア8年、24戦23勝(13KO)1分の好戦績。この一戦のオッズは8対1で「アルバレス有利」と出ているが、スミスは現在8試合連続KO勝利と勢いに乗っている。

 香川氏は、スミスの勢いを認めながらも、アルバレスの勝利を断言する。

「スミスは小さいので(176cm)、カネロ(アルバレスの通称)は前の試合でアミール・カーン(イギリス・29歳)の距離に悩まされたようなことにはならないと思うんですね。お互い至近距離から、自分の得意なパンチをインサイドから当てあうことになるんじゃないでしょうか。時間がかかることはないような気がします。5回TKOでカネロ・アルバレス。きっちりとしたKOを見たい」

 一方、村田の予想は少し異なる。

「カネロの圧勝はない。絶対苦戦すると思います。スミスはガードを固めて前に出る。あれだけガードを固めた、体格のいい生粋のスーパーウェルター級の選手に対して、カネロのパンチがガード越しにどれだけ通用するのか。スミスのガードを崩せなかったら、かなり苦戦すると思います。カネロの判定勝ち。ただ、薄氷の勝利になるかなと思います」

 アルバレスは昨年11月、階級を上げてWBC世界ミドル級王座を獲得(ミゲール・コット戦)。今年5月に初防衛に成功した後、タイトルを返上した。そして本来のスーパーウェルター級に戻したわけだが、これについて香川氏は首を傾げる。

「なぜ、ひとつ階級を下げるのか意味がわからないです。(3団体統一ミドル級王者の)ゴロフキンを避けているわけではないと思うのですが。(減量が厳しくて)身体が大きくなってくる年齢なので、ここで3kg下げるのはキツイのではないかと思うんですけどね」

 香川氏が期待するのは、その先にあるもの――。ゴロフキンvs.アルバレスの頂上対決だ。

「もう、それしかないですよね。メイウェザーとマニー・パッキャオも、なんだかんだと言いながら結局はやったわけですよ。5年は遅かったけど、我々は拍手をしました。ミドル級という、我々が多くのスーパーファイトを見てきた分厚い階級において、このふたりの対決しかないと思うんですよね」

 ミドル級は、村田の主戦場でもある。アルバレスがミドル級に復帰したら、「僕はいつでもやりますよ」と言う村田。仮に戦うならどう勝負する?

「序盤をしっかりしのいで、自分の距離でパンチを当てていく。(アルバレスの強みは)一発と思われがちですが、タイミングのよさと回転の速さです。一発一発はそこまでではないと思います。そこを外してしっかりガードして、スタミナもそこまであるとは思わないので狙っていく。真っ向勝負をしますよ」

1/2ページ

最終更新:9月17日(土)18時40分

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月22日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 異次元のシーズン』
■羽生結弦 インタビュー、厳選フォト
■浅田真央 復帰シーズンを振り返る