ここから本文です

多彩なブースはゲームと現実を繋ぐ「橋」となる:東京ゲームショウ2016ギャラリー

WIRED.jp 9月17日(土)9時10分配信

日本最大のゲームイヴェント、「東京ゲームショウ2016」が開催されている。9月15日(木)~18日(日)までの4日間となる今回は「VRコーナー」が新設され、30社以上が参加。その他のブースにもVRやAR技術を取り入れた展示は多くみられ、最新VR技術の見本市としても非常に興味深いものとなっている。

【『バイオハザード』『龍が如く』『遊戯王』など、11の各ブースの様子はこちら】

しかし、東京ゲームショウの見所は最新のソフトやゲーム機器だけではない。もちろん最新のVR技術が取り入れられたゲームを体験するのは非常にエキサイティングだが、ゲームショウの会場でしか見られないものもたくさんある。そう、それは絢爛豪華な衣装に身を包んだ見目麗しいコンパニオン…ではなく、展示ブースのセットデザインだ。

いまやブースデザインはゲームの印象を決める重要な要素となっているのかもしれない。各企業が自慢のゲームをアピールするためにつくったブースは多種多様、その魅力を表現する方法もさまざまだ。VR技術がヘッドマウントディスプレイなどのデヴァイスによってプレイヤーを画面へと没入させることで、ゲームの世界を身近に感じさせているのだとすれば、ブースデザインはその逆を行く。意匠を凝らした美術セットによってゲームの世界を現実に召喚し、来場者とゲームの世界を近づけているのだ。

ゲームの世界観を伝えるために、実際に建物をつくってしまうというブースもいくつかみられた。たとえば、2Kの『マフィア III』ブースは、ブースというより映画館が建っているといった方が適切だ。カプコンの『バイオハザード7』ブースも同様で、不気味な洋館がそびえ立っているという方が相応しいだろう。もちろん、表現の方法は建物をつくることだけではない。実際に搭乗できる巨大ロボットがいるブース、滝のように水が流れるブース、ガチャガチャが置いてあるブース。アプローチはさまざまだ。

ここに掲載したブースはほんの一部に過ぎない。なにせ今回の出展社数は過去最大の614社、出展社の国・地域は37カ国と多岐にわたっている。「VR元年」と呼ばれる2016年だが、残念なことに、いまのところブースデザインを体感するにはヴァーチャルでとはいえず、現地に足を運ぶしかない。4日間しか現れない、ゲームから出てきたような空間。そこでぼくらは、「ゲームのような現実」と「現実のようなゲーム」を往復することになるだろう。

WIRED.jp_IS

最終更新:9月17日(土)9時10分

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED VOL. 24』

コンデナスト・ジャパン

2016年8月9日発売

630円(税込み)