ここから本文です

由伸、阿部の後継者は? 巨人を悩ます「次代の左の長距離砲不在」問題

ベースボールチャンネル 9/17(土) 11:00配信

強烈な存在感を放った、代打の切り札

47試合で38打数15安打の打率.395、9打点。なんと出塁率は.489。

これが昨季の「代打・高橋由伸」の成績である。
まさに切り札。背番号24が打席に向かうと東京ドームは大歓声に包まれた。
登場しただけで球場の空気を変えられる選手はそういるもんじゃない。
今季、巨人の代打率.152はリーグ最低。
皮肉なものだ。由伸監督が最も必要としていたカードは「代打・高橋由伸」だった。

この由伸の引退で、チームに日本人選手の左の長距離砲は阿部慎之助ただひとりとなった。
通算1907安打、373本塁打を誇る阿部も37歳。
今季は開幕から右肩の故障で出遅れるも、打率.316、12本、51点、OPS.877と現在は「4番ファースト」としてチームを牽引している。
14年打率248→15年打率.242→16年打率.316と一気に打撃成績を上げ限界説を一蹴してみせた。
最強のキャッチャーではなくなっても、阿部はチーム最強の左打者だったのである。

巨人軍の看板選手と言えば、昔から「左のスラッガー」が多かった。
古くは川上哲治、V9時代の王貞治。70年代中盤にトレード獲得した張本勲。80年代以降は駒田徳広や吉村禎章、そしてクロマティがいた。
93年にはゴジラ松井秀喜がデビュー、続けて98年に高橋由伸、01年は阿部慎之助とチームは「左の長距離砲黄金期」を迎える。
さらに00年代前半はヤクルトからロベルト・ペタジーニ、近鉄からタフィ・ローズが移籍。
07年にはFAで日本ハムからサムライ小笠原道大がやってきた。
ちなみに過去に巨人で50本塁打以上を記録した打者は左打ちの王と松井の2人のみだ。

現在の巨人の左打者といえば……

だが、今のチームで阿部以外にスラッガーと呼べるのは22本塁打を放っている助っ人のギャレットくらいだろうか。
亀井善行、脇谷亮太、松本哲也、橋本到、立岡宗一郎、重信慎之介、辻東倫……。
日本人選手では1軍、2軍、3軍、すべてを見回してもバランス型の中距離打者タイプや俊足巧打タイプが異常に多い。
堂上剛裕や北篤といった移籍組のアラサー選手は立派な体格をしているが、いかんせん出場機会がほとんどない。
主力の坂本勇人、村田修一、長野久義、次代の大砲として期待されている20歳の岡本和真も皆右打ちというのが現状だ。

こうなると、昨年のドラフトで高山俊(阪神)、吉田正尚(オリックス)、茂木栄五郎(楽天)といった即戦力の左の強打者が豊作の年に、彼らを全員スルーして大卒投手の桜井俊貴(今季0勝1敗、防御率8.31)を単独1位指名したスカウトや編成に疑問を抱かざるを得ない。
今後も左の長距離砲は助っ人やFA補強に頼るのか?
それとも来年のドラフトでは競合覚悟で話題の超高校級スラッガー清宮幸太郎(早実)を指名するのか?

ここ数年、巨人ではキャッチャー阿部の次の正捕手問題ばかり注目されているが、「左のスラッガー阿部慎之助」の後継者育成も急務である。



中溝康隆

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9/17(土) 14:12

ベースボールチャンネル