ここから本文です

大ヒットの袖ふわブラウスはこう着る! アラサーのイタくない着こなし3

集英社ハピプラニュース 9月17日(土)21時30分配信

いつもの服にひとつプラスするだけで、劇的に今っぽく女らしさが叶う、ちょっぴりデコラティブなアイテムのなかでもいまとくにイチ推しが、袖にふんわり特徴のある「袖コンシャス(=袖コン)」なブラウス。袖の形によってさまざまなタイプが揃っていますが、一見個性の強いアイテム。どのように着るべきか、悩めるオフィスミューズ(R)のみなさまへ、今っぽく好感度の高い着こなし方をご紹介します。

この記事の他の画像をチェック

【袖コン講座1】スカート派はタイトなワントーンスタイルで
まずはスカートスタイル。ボリュームの出るトップスなので、ボトムはタイトにまとめると“ふわ&ぴた”シルエットが形成されて、メリハリのある女らしいスタイルに。なので、スカート派が袖コンブラウスを着るなら、まずはタイトスカートでトライ。ひざ下の長め丈・ややボックス型が今っぽい。さらに、ブラウンやカーキ・テラコッタなど、秋色のワントーンコーデに整えれば大人っぽさも増して一石二鳥◎。

【袖コン講座2】小物やアクセサリーはモダン&辛口に
パンツ合わせの場合、女らしい甘さは袖コンブラウス1点に任せて、添えるアクセサリーやバッグなどの小物も、ボトムと同じく辛口テイストに統一するのが◎。ブラウスと同じクラシカルなムードの端正なバッグや、ちょっとだけワイルドなアニマル柄のスカーフなどが好相性。大人ですもの、今っぽさにも品格が必要です。

【袖コン講座3】手持ちのデニムに合わせてみる
ふんわり&ゆらり、女らしい余韻が生まれる“印象派”な袖コンブラウス。1枚さらりと着るだけでスタイルが決まる主役級のインパクトを持つトップスだから、ボトムはシンプル&ベーシックが正解。スタイリストさとかな、こと佐藤佳菜子さんも、早くから袖コンブラウスに注目し、私服スタイルにも取り入れていました。まずは手持ちのデニムに合わせて、甘さを“一点盛り”に。いつものデニムに、可憐さとトレンド感がトッピングされて、劇的に今っぽいスタイルにシフト!

まずおさえるべき大ヒット中の袖コンブラウス、甘さを抑えて辛口に。ご紹介した3つのルールにのっとって、秋の最旬コーディネートを楽しんでみてくださいね!

最終更新:9月17日(土)21時30分

集英社ハピプラニュース