ここから本文です

最後まで両さんは商魂たくましかった…… 40週年の『こち亀』、最終回迎える!

おたぽる 9月17日(土)16時10分配信

――発行部数約230万部(一般社団法人 日本雑誌協会発表)を誇る最強の少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)。そんな「ジャンプ」の最新情報をさまざまな角度からレビュー!

「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)2016年42号をもって、40年の歴史に終止符を打つ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、こち亀)。今号は、そんな『こち亀』を祝した「こち亀連載40周年記念号」。第1話「始末書の両さんの巻」が31ページオールカラーで掲載されるなど、“永久保存版”の一冊となっている。

 表紙を飾ったのは、もちろん両津勘吉。秋本治が描いた両さんをはじめ、尾田栄一郎(ONE PIECE)、古舘春一(ハイキュー!!)、堀越耕平(僕のヒーローアカデミア)が描いた4人の両さんが表紙に集合。表紙をめくると、ほかの連載作家が描いた両さんも一堂に会しており、『こち亀』40周年を盛大にお祝いしている。また、今号の「ジャンプ」には40の“両さんマユゲ”が隠されており、『ONE PIECE』『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』など、他作品に両さんが登場している。

 巻末の目次の作者コメントも「泣ける。秋本先生はもう自由なんだ!!!自由なんだーー!!!」(尾田)、「一緒に連載できて幸せでした。秋本先生次作楽しみにしてます。」(銀魂・空知英秋)と、全作家のコメントが『こち亀』連載終了に際するものとなった今回。

 その中で注目したいのは、やはり『こち亀』の最終話だ。先週の『こち亀』は、泣ける人情モノだったが、最後は『こち亀』らしく、ギャグ回。30周年の時も行った「復活(編注:してほしい)キャラ ベスト10」を発表するなど、盛大に40周年をお祝いし、終了となった。

 だが、商魂たくましい両さんは、最後も金儲けを画策。今号の「ジャンプ」と同時発売のコミックス200巻にも最終話が掲載されていることを伝えると、「ジャンプ」と200巻では最終話のオチが違うことを発表。ニヤニヤしながら、「これは両方買ってもらういやらしい商法です」と両さん。

 また、200巻の特装版に付けられた、キャラクターブック「こち亀超書(スーパーノート)」を見ると、単行本を抱えながら「両ちゃんが言い出したんだからね! 『こち亀』のキャラ全員の調書を作るって!」(麗子)、「1冊にまとめて売れば大儲けできると思ったんだよ! こんなに巻数があるとは!!」(両さん)というやりとりが……。最後まで両さんは両さんだった。

 連載終了を迎え、「あの不真面目でいい加減な両さんが40年間休まず勤務したので、この辺で有給休暇を与え、休ませてあげようと思います」とコメントを残した秋本治。

 だが、秋本自身は今冬に「グランドジャンプ」「ウルトラジャンプ」「週刊ヤングジャンプ」「ジャンプSQ.」に新作を掲載、2017年には「ジャンプ」にも作品を掲載する予定だと、今号の「ジャンプ」にて発表されている。

『こち亀』も休みなしで連載し続けた秋本。秋本にこそ、有給休暇を与えたいものだ……。
(雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元は集英社。)

最終更新:9月17日(土)16時10分

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]