ここから本文です

バルセロナがブラジル代表DF獲得に70億円を用意 クラブはネイマールに説得を依頼か

Football ZONE web 9月17日(土)9時10分配信

リオ五輪で金メダル獲得に貢献したCBマルキーニョス 今冬にもスペイン行きを決断

 スペイン王者バルセロナが、最終ラインの新戦力として若きブラジル人DFに白羽の矢を立てている。フランス紙「レキップ」はパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスの獲得に動くと報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 マルキーニョスは先日のリオデジャネイロ五輪で、ブラジル代表の不動のセンターバックとして金メダル獲得に貢献。キャプテンこそバルセロナからオーバーエイジ枠で参戦したFWネイマールが務めたものの、ロジェリオ・ミカレ監督はメンバー発表の段階で「ネイマールもマルキーニョスもキャプテンに相応しい」とコメント。精神的にもチームの中心選手であると評価していた。

 22歳のマルキーニョスに対し、バルセロナは冬の移籍市場で6000万ユーロ(約70億円)を用意して獲得に動く姿勢を見せているという。また、バルセロナ側は五輪で金メダルをともに勝ち取ったネイマールとの信頼関係に注目し、ネイマールに対してマルキーニョスを説得するように依頼しているとも報じた。

 ブラジル五輪代表のセンターバックでマルキーニョスとコンビを組んだDFロドリゴ・カイオも、冬の移籍市場で欧州ビッグクラブ行きが噂されている。2014年ブラジル・ワールドカップ準決勝でドイツに1-7という衝撃の敗戦を喫して以降、明るい話題が少なかったブラジル代表だが、次世代の最終ラインは期待の有望株が揃っている。果たしてネイマールと共闘した若きセンターバックは、スペイン行きを決断するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月17日(土)9時10分

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]