ここから本文です

清武、2試合出場なしも失っていない信頼。求められる試合を動かす役割【現地記者の目】

フットボールチャンネル 9/17(土) 10:40配信

遠征メンバーには選ばれたものの清武弘嗣の出場機会はなかったアウェイでのユベントスとのチャンピオンズリーグ初戦。結果として攻撃を放棄することで勝ち点1を持ち帰ることに成功したセビージャ。エイバル戦後にはベティスとのダービーが控える。清武はサンパオリ監督の目指す魅力的な攻撃的サッカーに必要な存在であることを示す必要があるようだ。。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:編集部)

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

無理をすることがなかった代表ウィークで約3万キロの移動

 セビージャは今週木曜日に、日本の大手旅行代理店H.I.S.とのパートナー契約合意を発表。アジア市場への進出をまた一歩前進させた。クラブは「セビージャFC」のブランドを世界的により広く展開することを望んでおり、すでに日本の複数の大手企業がセビージャのスポンサー権獲得への関心を示している。

 そのような関心を惹きつけている大きな理由は、スター軍団のレアル・マドリーやバルセロナを擁するリーガエスパニョーラという魅力的なリーグに参加しているチームであること、クラブレベルでの欧州最高峰の大会であるチャンピオンズリーグに出場していること、そしてこの夏に清武弘嗣を獲得したことにある。

 ハノーファーから加入した清武は、セビージャのここ2試合の公式戦で1分たりともプレーすることはなかった。だが、その理由は様々な周辺事情にあり、決してシーズン開幕からの数週間でホルヘ・サンパオリ監督の信頼を失ったということではない。

 リーガのラス・パルマス戦では、清武は代表チームでの長距離移動の直後ということで休養を与えられた。まずは埼玉、それからバンコクで試合を行ったことで、清武は約3万kmの移動に耐えなければならなかった。

 日本とタイを隔てる5000kmの移動に加え、マドリッドを経由してのセビージャ帰還に18時間の長旅を要したことが、リーガの前節で招集メンバーから外れた理由だった。無理をする理由などどこにもなかった。

1/2ページ

最終更新:9/17(土) 11:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。