ここから本文です

コンテ、シーズン最初の敗戦も前を向く。「我々は共に負け、共に勝つ」

フットボールチャンネル 2016/9/17(土) 13:10配信

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督はシーズン最初の敗戦もすでに気持ちは次節に向いているようだ。17日、英紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 3勝1敗で迎えたリバプール戦で今シーズン最初の敗戦を喫したチェルシー。コンテ監督にとってはユベントスを率いていた2013年1月にサンプドリアに敗れて以来となる、ホームでの敗戦となった。

 コンテ監督は「全ての人が責任を負わなければならない。我々は共に勝ち、共に負ける。より働かなければならない。今のままでは不十分ということだ」とチームの団結とさらなるハードワークの必要性を説いた。

 また「昨シーズンは悪いシーズンだった。私は繰り返したくない。10位でシーズンを終えることは何かが良くなかったということだ。10位という結果はよりハードワークしなければならないということを意味している」とコメントしている。

 この試合での敗戦によって、勝ち点10でリバプールと並んだチェルシー。来週はアーセナルとのロンドン・ダービーを控えている。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/9/17(土) 14:29

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!