ここから本文です

コンテ、シーズン最初の敗戦も前を向く。「我々は共に負け、共に勝つ」

フットボールチャンネル 9/17(土) 13:10配信

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督はシーズン最初の敗戦もすでに気持ちは次節に向いているようだ。17日、英紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 3勝1敗で迎えたリバプール戦で今シーズン最初の敗戦を喫したチェルシー。コンテ監督にとってはユベントスを率いていた2013年1月にサンプドリアに敗れて以来となる、ホームでの敗戦となった。

 コンテ監督は「全ての人が責任を負わなければならない。我々は共に勝ち、共に負ける。より働かなければならない。今のままでは不十分ということだ」とチームの団結とさらなるハードワークの必要性を説いた。

 また「昨シーズンは悪いシーズンだった。私は繰り返したくない。10位でシーズンを終えることは何かが良くなかったということだ。10位という結果はよりハードワークしなければならないということを意味している」とコメントしている。

 この試合での敗戦によって、勝ち点10でリバプールと並んだチェルシー。来週はアーセナルとのロンドン・ダービーを控えている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/17(土) 14:29

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。