ここから本文です

中井くんのレアル下部組織でのプレーは現状可能 補強禁止処分のCASへの上訴が認められる

Football ZONE web 9月17日(土)17時1分配信

レアルが声明を発表 「制裁の影響を受ける選手たちもプレーして良い状況に」

 18歳以下の外国籍選手の獲得を巡り、レアル・マドリードとアトレチコ・マドリードはFIFA(国際サッカー連盟)から補強禁止処分が下ったが、レアル公式サイトによるとスポーツ仲裁裁判所(CAS)への上訴が認められた。これによって、クラブの下部組織に所属する中井卓大くんらのプレーが現状可能になっているとの声明を出した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 今回の補強禁止処分の発端は、18歳未満の外国籍選手登録に関しての規約違反だった。FIFAは今年1月、両クラブに補強禁止処分を科したものの、両クラブはこれを不服として、今夏の移籍市場では一時的に処分が凍結されていた。しかし今月に入って、FIFA上訴委員会は控訴を却下していた。

 この控訴却下を受けて、レアルはCASへと上訴を申し立てた。クラブの声明文は以下の通りだ。

「スポーツ仲裁裁判所は、レアル・マドリードがFIFAによって下された制裁を上訴したことで、猶予期間に応じた。したがって、この制裁によって影響を受ける未成年の選手たちは、所属するクラブのためにプレーして良い状況となった」

中井くんも現状インファンティルAで出場可能

 今回の問題でレアルは、ジネディーヌ・ジダン監督の愛息である長男のMFエンツォ、次男のGKルカ、三男のMFテオ、四男のMFエリアスの4人にスポットライトが当たり、フランス人指揮官は会見で「不合理だ」と父親の顔を見せて理解を求めている。

 これを受けて、U-14世代相当の「インファンティルA」へと昇格した“ピピ”こと中井くんも、10月に開幕するリーグ戦への出場が可能になったと見られる。

 中井くんはレアルの公式サイトでも「彼は素晴らしい質のプレーを持ち、視野の広さは抜群だ。チームのために尽くし、巧みなドリブルとピッチでの意思決定の賢さを持つ」と将来を嘱望されている。バルセロナの下部組織に所属しながらも帰国を余儀なくされたU-16日本代表FW久保建英(FC東京U-18)と同じパターンになることも懸念されていたが、現状ではスペインでのプレー継続が叶いそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月17日(土)18時26分

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]