ここから本文です

元湘南の”踊るGK”、ブラジル代表に初選出。現在は名門フラメンゴの正守護神

フットボールチャンネル 9/17(土) 17:30配信

 ブラジルサッカー連盟は16日、来月のロシアW杯南米予選に向けた招集メンバー24名を発表した。日本の湘南ベルマーレでプレーした経験があるフラメンゴ所属のGKアレックス・サンターナも初招集されている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 アレックス・サンターナは2013年7月、コメルシアウからの期限付き移籍で湘南に加入。デビュー戦となった川崎フロンターレ戦では、PKの際に奇妙な“踊り“を披露し、FW大久保嘉人のキックミスを誘発したことが話題となった。

 その後、半年で湘南を去ったアレックス・サンターナはミラソウ、フィゲイレンセを経て今季から名門フラメンゴに加入。日本での登録名とは異なり「ムラーリャ」と呼ばれる同選手は正GKとして定位置を確保しており、代表チームからも初めて声がかかることになった。

 ドゥンガ前監督のもとで代表から外されていたパリ・サンジェルマン(PSG)のベテランDFチアゴ・シウバは、昨年夏のコパ・アメリカ以来となる復帰を果たしている。マンチェスター・シティのMFフェルナンジーニョやチェルシーのMFオスカル、バイエルン・ミュンヘンのFWドグラス・コスタ、リバプールのFWロベルト・フィルミーノらもチッチ現監督からは初となる招集を受けた。

 今夏のコパ・アメリカでの早期敗退後に監督を交代し、再スタートを切ったセレソンは、チッチ体制の初陣となった9月のW杯予選2試合に連勝。首位ウルグアイと1ポイント差の2位に浮上している。10月には6日にホームでボリビアと、11日にアウェーでベネズエラとの対戦が予定されている。

 今回招集されたブラジル代表メンバーは以下の通り(カッコ内は所属クラブ)。

▽GK
アリソン(ローマ)
アレックス・ムラーリャ(フラメンゴ)
ウェヴェルトン(アトレチコ・パラナエンセ)

▽DF
ジウ(山東魯能)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
ミランダ(インテル)
チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン)
ダニエウ・アウベス(ユベントス)
ファグネル(コリンチャンス)
フェリペ・ルイス(アトレティコ・マドリー)
マルセロ(レアル・マドリー)

▽MF
カゼミーロ(レアル・マドリー)
レナト・アウグスト(北京国安)
パウリーニョ(広州恒大)
オスカル(チェルシー)
ウィリアン(チェルシー)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)
ルーカス・リマ(サントス)
ジウリアーノ(ゼニト)
フィリッペ・コウチーニョ(リバプール)

▽FW
ネイマール(バルセロナ)
ドグラス・コスタ(バイエルン)
ロベルト・フィルミーノ(リバプール)
ガブリエル・ジェズス(パルメイラス)

フットボールチャンネル

最終更新:9/17(土) 17:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。