ここから本文です

「これは期待感ヤバいな」石川五ェ門にスポットを当てた「ルパン三世」新作劇場アニメにファン大興奮

ダ・ヴィンチニュース 9/17(土) 18:00配信

 TVアニメや映画、漫画といった幅広いジャンルで多くのファンを魅了するモンキー・パンチによる大人気作品『ルパン三世』。同作の新作劇場アニメ「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」が2017年2月4日(土)に公開されることが決定した。これにファンからは「なに~~、五ェ門がメイン!? めっちゃ見たい!」「五ェ門は大好きなキャラ! これはレッツゴーの一手でしょう!」と大興奮の様子。

 モンキー・パンチは、「加藤一彦」のペンネームで貸本雑誌上で作品を発表した後、1965年に『マンガストーリー』にて4コマ漫画『プレイボーイ入門』を発表し漫画家デビュー。1967年に『週刊漫画アクション』の創刊と同時に『ルパン三世』の連載を開始した。アメリカのコミックに似たスタイリッシュで大人向けの雰囲気が話題を呼び大ヒットとなり、読者からは「損得なしに女なんか救ってられるか、というシビアなルパンにしびれる!」「お洒落で少しエッチなルパンがめちゃくちゃカッコいい」「これだけ洒落た漫画を描けるのはモンキー・パンチだけ!」と絶賛の声が上がった。

 その後同作は1971年からテレビアニメとして放送され、スリリングなアクションやスタイリッシュなBGMで漫画を知らない多くのファンが夢中に。“2ndシーズン”“PARTIII”“LUPIN The Third ~峰不二子という女~”が制作され、さらに「ルパン三世 ロシアより愛をこめて」や「ルパン三世 燃えよ斬鉄剣」といった単発の“TVスペシャル”も数多く放送された。

 また劇場アニメは特に話題となり、1978年12月16日に公開された劇場作品第一作「ルパン三世 ルパンVS複製人間」では、灰色の顔をした「マモー」という偉人たちをクローン化してコレクションする敵にルパンが狙われ、対決するという物語が描かれた。これには「おぞましいマモーにルパンが絶体絶命まで追いつめられる物語はスリル満点! 何度も見ました」「マモーが生に執着する執念がおぞましかった! 初見は本当に衝撃的だった」「スタイリッシュでハードボイルド、お色気、コミカル、最高としか言いようがない!」とファンは熱狂。

 さらに1979年12月15日公開の、宮崎駿が監督したことで話題となった名作「ルパン三世 カリオストロの城」では、ルパンは偽札を製造するカリオストロ伯爵の真実を暴き、伯爵の妻にさせられつつある王女クラリスを助けんと活躍する。クラリスとルパンの淡い恋と冒険活劇に「ロマンチックでルパンが粋でとにかく素敵!」「女好きのルパンがクラリスを大切に扱っているのがグッときた!!」「傑作以外の言葉が見つからない!」と多くの観客が酔いしれた。

 その後も「ルパン三世 くたばれ! ノストラダムス」や「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」といった劇場作品が観客を魅了してきたが、このたび新作となる「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」の公開を発表。2014年には次元大介をメインに据えた「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」が公開されており、今回は石川五ェ門にスポットを当てて描かれる。

 同作では五ェ門とルパンが出会ったばかりの頃の、まだ信頼関係が築けていない状況から描かれる。「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」から監督を務め、同作も手掛ける小池健は物語について、「渋く、若くてギラギラした五ェ門を描きたい」「斬鉄剣という剣がすごいという表現もあるが、どちらかといえば剣と五ェ門自身が一体化したような。心も体も鍛錬を積んで、磨かれていく。そういう開眼の仕方」と目指すものを語った。

 また脚本を手掛ける高橋悠也は、すでに完成した脚本について「『刀を抜く』という行動を大事にして描いた。抜く・抜かない五ェ門の魂、哲学を作品に込めている」と説明。またプロデューサーを務める浄園祐は「1作品で五ェ門役が斬った人数は過去のルパンで一番多いと思う」と語っている。さらに、五ェ門役の声を務める浪川大輔は「セリフが少ないから五ェ門ではなく、しゃべり始める前に何を思って、どんな言葉が出てくるのか。“前”が大事。今作はそこが制御ができない五ェ門という印象。そこを抑え込んで、だんだん皆さんが知っている五ェ門になっていくという過程を演じたい」と、これから演じる五ェ門への意気込みをコメントした。

 この発表にファンは「これまでは既にルパンと仲間になっている五ェ門が多く描かれていたから、これは新鮮! 絶対見る!!」「おおぉぉぉ~! 五ェ門のギラギラした姿、すごい見たい! これは期待感ヤバいな」「今までで一番斬るとか、アクション凄いことになりそう」と興奮の声が上がった。

 既に特報映像が公開されている同作。ストーリーはまだわからないものの、その映像には「五ェ門めちゃくちゃカッコいい!」「何この渋さ! テンション上がる! 絶対見に行く~!」といった声が。公開まで少しあるが、原作を読んでどんな五ェ門が描かれているのか、イメージを膨らませておくのもいいだろう。

■映画「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」
公開日:2017年2月4日(土)~
原作:モンキー・パンチ
監督・演出:小池健
脚本:高橋悠也
出演:栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一 ほか
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム
製作・著作:トムス・エンタテインメント

最終更新:9/17(土) 18:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。