ここから本文です

アメリカでロゼワイン人気が拡大 男性とミレニアル世代がその大きな理由

Forbes JAPAN 9/17(土) 17:30配信

アメリカでロゼワインの人気が高まっている。アルコールを販売する小売業者向けの専門誌「ビバレッジダイナミクス」のウェブサイト(beveragedynamics.com)によれば、2015年、同国のロゼワインの売り上げは前年比31.8%増。1本11ドル(約1,126円)以上するボトルについては59.9%と大幅に増加した。



その大きな理由に、ロゼワインを飲む男性が増えていることがある。パッケージも変化しており、例えば、ドライでバランスの良いセーブド(SAVED)の「マジックメーカー(2014)」のラベルは、タトゥーアーティストのスコット・キャンベルがエチケット(ラベル)を手掛けており、女性受けも男性受けも良さそうだ。

以前よりも質の高いドライなロゼワインが増え、ロゼといえばカリフォルニア産の人気のロゼワイン「ホワイト・ジンファンデル」などの甘いピンク色のワイン、というイメージが薄れてきたことも、人気急増の大きな理由だ。これによって、より幅広い潜在的消費者が、ロゼに対してよりオープンな考え方を持つようになり、購入者の裾野が広がった。

ワインバーとレストランのチェーン、トリア(Tria)でソムリエの仕事も兼ねるワインディレクターを務めているマイケル・マッコーリーはロゼワインについて、「以前よりも男性の間での人気がずっと高くなっている」と話す。

「それには2つの理由がある。まず、本物のロゼを飲むことで、繊細な男であることを示せる。もう一つは、女性に人気のロゼを選ぶといういことは、流行に敏感だと思ってもらえることだ」。それに、ロゼはさまざまな食事によく合う。選ばないのはもったいない。

ロゼを支持するミレニアル世代

ミレニアル世代もロゼ人気を押し上げている。彼らはロゼをはじめ、これまで注目されてこなかった地域のワインにも極めてオープンだ。そうしたワインの一つ、フルーティーな味わいと土っぽさがあり、食事によく合うギリシャの「キル・イアニ」ブランドがクシノマブロという品種から造るロゼ「Akakies(アカキエス)2015年」も、人気の銘柄だ。

1/2ページ

最終更新:9/17(土) 17:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。