ここから本文です

名波監督も認める逸材。U-19代表MF針谷の‟シンデレラストーリー“はどこまで続く?

SOCCER DIGEST Web 9月17日(土)7時0分配信

今夏のインターハイでブレイク。

 9月に入り、高校生のJリーグ入り内定のニュースが続々と飛び込んできた。おそらく今後も、有望株たちがプロ入りを掴んでいくだろう。埼玉の昌平高3年・針谷岳晃も、そのひとりになるはずだ。
 
 自在に攻撃を操る様に、非凡な才能を感じずにはいられない――。
 
 率直に言うと、針谷はそんな選手である。166センチ・56キロと華奢な身体つきだが、ピッチ上で見せるその巧みな技術と、的確な判断、ツボを抑えたポジショニングには、目を見張るものがある。
 
 SBを主戦場としていた中学時代はなかなか芽が出なかったが、昌平高への進学を機にボランチへコンバートされると、類まれなセンスを遺憾なく発揮。攻撃のコンダクターとして堂々と振る舞う姿に、一部の関係者の間では、同校に入学後から密かに注目される存在となっていた。
 
 全国的には無名だったが、一気にその名が知れ渡ったのが今夏のインターハイである。スポットライトを浴びるきっかけとなった2回戦の東福岡戦では、2-2で迎えた後半アディショナルタイムにCKを直接決めて決勝点を奪取。昨年に選手権、インターハイの2冠に輝いた強豪校に引導を渡した。
 
 以降の試合でも、相手の虚をつくスルーパス、キレのあるドリブルで抜群の存在感を顕示し、昌平高のベスト4進出に貢献。「ノーマーク」だったチームを快進撃に導く活躍で、一気に株は上がった。
 
 その後、8月にはSBSカップのU-19代表メンバーに初選出され、注目度はさらに上昇する。全3試合に出場し得点こそ絡めなかったが、代表のユニホームを纏っても所々でその持ち味が光った。
 
 敵に囲まれても、抜群のキープ力でプレスをかわし、攻撃にアクセントを加える。そんな針谷のプレーに、会場に駆け付けたJクラブのスカウト陣たちも熱視線を送っていた。
 
 気になる今後の進路だが、川崎、C大阪、湘南に続いて、先日には磐田のトレーニングにも参加。まずまずのアピールに成功し、針谷のプレーを間近で見た名波浩監督からは、その技術の高さを称えられた。
 
 一部では、C大阪がリストアップしているとの情報もあるが、針谷の進路先は果たして――。

1/2ページ

最終更新:9月17日(土)7時0分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]