ここから本文です

才能の片鱗を見せるも凸凹ピッチに苦戦。久保の2ゴールはU-16日本の総合力を証明するもの

SOCCER DIGEST Web 9月17日(土)12時5分配信

チームの緊張を解きほぐす一撃を放つ。

 日本にオープニングゴールをもたらしたのは、MF久保建英の左足だった。
 
 16分、FW宮代大聖の突破がファウルを誘発。ゴール中央やや右寄りの約20メートルの位置でFKを獲得する。先制のチャンスの場面で久保はいたって冷静だった。
 
「相手の壁が飛ばないので、コースを狙い過ぎずに強いボールをしっかりと蹴ればいいと思っていた」
 
 事前のスカウティングでベトナムの壁が飛ばないことは分かっていた。しかも、ベトナムの選手は日本よりも全体的に身長が低く、GKも俊敏とは言えない。そうした情報から、久保が導き出したのは、『着実に枠を捉える』ということだった。短い助走から放たれた左足のキックは、狙い通り飛ばない壁の頭上を破り、ゴール右隅に吸い込まれた。
 
「初得点で、しかもFKという形。コースはあまりだったのですが、綺麗に決まったので、ほっとしたというか、緊張はほぐれたと思います」と振り返ったように、格下が相手と言えど、世界大会の切符を懸けた真剣勝負の初戦とあって、否が応でも緊張から動きに硬さが生まれてしまう。早い時間帯で先制出来たことは久保本人だけでなく、チームの緊張をも解きほぐす重要な一撃となった。
 
 このゴールを皮切りに、日本は怒濤のゴールラッシュ。MF福岡慎平、FW宮代と役者が揃って追加点を挙げて、完全に勝利を引き寄せると、4-0で迎えた61分に再び久保が圧巻のプレーを見せる。
 
 FW中村敬斗が左サイドでボールをキープし、ペナルティエリア内に飛び込んで来た久保へマイナスのパス。加速してスペースに入って来た久保に対し、相手DFも身体を寄せようとするが、その動きを視野に捉え、右足インサイドでトラップすると、間髪入れずに左アウトサイドで持ち出して、DFをかわす。

久保建英のすべて<4>――「将来はイニエスタのような選手に」(元スペイン代表・フラン)

 カバーに入っていたもう一人のDFが食いついて来ると、さらに左アウトサイドで持ち出して、すぐさま左インサイドで選択肢が広がるスペースにボールを置いた。ペナルティエリア内のエンドライン際で完全にフリーになった久保は、「折り返しも考えたのですが、GKがちょっと前に出ているのが見えたので、狙ってみようかなと思いました」と、ゴール左ポストとGKの間に出来た『ゴールへの最短ルート』を見出して、ジーコがかつて言ったように「ゴールにパスをするイメージ」ぴったりのシュートを逆サイドに流し込んだ。

1/2ページ

最終更新:9月17日(土)18時18分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]