ここから本文です

絶好調・関根が2得点に絡む活躍! 浦和が逆転勝ちで第2ステージ首位に浮上

SOCCER DIGEST Web 9/17(土) 21:15配信

77分の李の同点弾から3ゴールを奪取。

[J1・第2ステージ12節]FC東京 1-3 浦和/9月17日/味スタ

 浦和が終盤の逆転劇で第2ステージ首位に浮上した。

浦和の“デュエルマスター”だ! 関根が絶好調スキンヘッド吉田と白熱の対決を演じて――

 前半を0-0のスコアレスで終え、迎えた後半に先手を奪ったのはFC東京だった。48分、中央をドリブルで突破した中島が那須にペナルティエリア内で倒されPKを獲得。これを森重が決めて、FC東京が先制した。

 リードされた浦和は、後半開始から投入された李に続き、64分に興梠を投入して反撃を開始。そして77分、左サイドをドリブルで持ち上がった関根が中央へ絶妙なクロス。これを李が相手DFを抑えながらヘディングで叩き込み、浦和が同点に追いつく。

 さらに85分には、ペナルティエリア内に侵入したズラタンからのクロスに関根が飛び込むと、これがマークについていた東に当たり、そのままゴールイン。オウンゴールで浦和が逆転に成功する。関根は2ゴールに絡む活躍を見せた。

 浦和は直後の87分にも駒井のクロスに興梠が頭で合わせて3点目。結局、3-1で鮮やかな逆転勝利を飾った。

 これで浦和は第2ステージで、大宮に敗れた川崎をかわして首位に浮上。年間勝点では川崎に2ポイント差と迫った。
 

最終更新:9/17(土) 21:15

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。