ここから本文です

闘莉王のパワープレーは不発…3失点の名古屋、勢い失う痛い敗戦

SOCCER DIGEST Web 9月17日(土)21時36分配信

終盤の90+1分にトドメの3点目を食らう。

[J1第2ステージ12節]名古屋1-3G大阪/9月17日(土)/豊田スタジアム
 
 J1第2ステージ12節の名古屋対G大阪が9月17日、豊田スタジアムで行なわれ、G大阪3-1で勝利した。
 
 先手を打ったのはG大阪だった。27分、相手陣内の右サイドでボール奪ったオ・ジェソクが、その勢いのままゴールライン際からクロスを供給。これを大森がニアで合わせて先制点を叩き込んだ。
 
 対する名古屋は41分、シモビッチのポストプレーからマイナスのパスを受けた永井が沈めて同点に追いつく。前半はそのまま1-1で終了した。
 
 後半に入ると、65分にG大阪が追加点を挙げる。左サイドを突破した井手口の絶妙なクロスを、ファーサイドで待ち受けていたアデミウソンがヘッドで叩き込んだ。
 
 1点のビハインドを背負った名古屋は、終盤に川又を投入し、さらに闘莉王を前線に挙げてロングボールを放り込むパワープレーを敢行。シモビッチの落としから闘莉王がシュートを放つ狙い通りの場面もあったが、ゴールには至らなかった。
 
 すると、アディショナルタイムの90+1分。G大阪がトドメの3点目を奪う。中盤から持ち上がった井手口がGK楢崎の位置を見極め、見事にコントロールされたミドルシュートを叩き込んだ。
 
 試合はそのまま3-1で終了。G大阪が第2ステージの勝点を26に伸ばし、第2ステージ2位に浮上した。一方の名古屋は、前節で新潟に勝った勢いを生かせず痛い敗戦。年間16位と降格圏に沈んだままだ。
 

最終更新:9月17日(土)21時42分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]