ここから本文です

【J1採点&寸評】神戸×柏|優勝戦線生き残りを賭けた大一番はドロー決着。MOMは終盤に勝負強さを見せた神戸のエース

SOCCER DIGEST Web 9/17(土) 22:58配信

神戸――藤田は高精度のキックで、度々チャンスを演出した。

[J1第2ステージ12節]神戸1-1柏/9月17日/神戸ユ
 
【チーム採点・寸評】
神戸 6
序盤はプレスが甘く、柏に流れを掴まれると、早々と先制点を献上。しかし、後半は強度を増し、徐々に主導権を握り、終盤にレアンドロの一発でドローに持ち込んだ。勝負強さが備わってきた印象を受けた。
 
【神戸|採点・寸評】
GK
18 キム・スンギュ 5.5
最前線のレアンドロを狙ったキックは、見当違いの方向に。後半は、ほとんど危険なシーンもなく、クリスティアーノのFKも落ち着いて止めて見せた。ただし、序盤の失点が終盤まで響き、勝点3に至らず。
 
DF
5 岩波拓也 5.5
セットプレー時には前線に上がり、果敢にゴールを狙った。ただそれ以外では、無難なプレーに終始し、目立たなかった。
 
6 高橋峻希 6
35分にロングパスを相手に渡す致命的なミスで、ヒヤリとさせた。しかし、それ以外の場面では、クリスティアーノを相手にも当たり負けせず、奮闘した。
 
39 伊野波雅彦 5(HT OUT)
D・オリヴェイラに対して密着マークするも力強いフィジカルに苦戦し、攻撃の起点を作られていた。ビルドアップでも慌てるシーンが見られ、前半のみでピッチを去った。
 
44 橋本 和 5.5
終盤に見せたダイナミックなオーバーラップは、迫力があった。ただ守備では、スピードのある伊東への対応で、後手を踏んでいた。
 
MF
8 高橋祥平 5.5
前半はボランチで出場も、パスが乱れ、なかなか流れを作れず。ただCBにポジションを移した後半は、身体を張ってD・オリヴェイラを封じたが、伊東のスピードに苦戦するシーンも。
 
14 藤田直之 6
高精度のキックで、度々チャンスを演出。さらにロングスローでも存在感を発揮し、得点には至らなかったが柏守備陣にとって、嫌な存在だった。
 
24 三原雅俊 5.5(73分OUT)
サイドに張り付かず、中に絞ってゲームを作ろうと奮闘。2トップへの中継役として機能はしたものの、ゴールを狙う意識は希薄だった。

底知れぬ大器。柏の19歳CBが吉田&森重の牙城を脅かす!?

1/3ページ

最終更新:9/18(日) 0:58

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。