ここから本文です

君知るや、「端物印刷」エフェメラの愛し方

プレジデント 9月17日(土)6時15分配信

■「使い捨て印刷物」蒐集の愉悦

 本がなかなか捨てられない。引っ越すたびに苦労するのだが、仕事柄、資料のために必要だとか、また読むかもしれないとか、これは絶版・品切れだから手元に置いておかないと、などと自分に言い聞かせている。でも本当は、ほとんどの本は手放しても問題ないとわかっている。図書館もあるし、必要ならばたいていの本(古本も)はネットで買える。要は本が好きなのだ。本があると落ち着く。本という形、そして紙が好きなのだと思う。装幀、手ざわり、風合い、それぞれに違った表情、味わいがある。

 本書は、デザイナー、画家、装幀家、写真家、編集者らクリエーター20数人の、自身の好きな紙と、その紙への思いを紹介する。包装紙、名刺、切手、手帳、カードなどに対して各人が語る思い入れやこだわりは、偏愛といってもいいだろう。

『紙さまの話』大平一枝 (著) 誠文堂新光社

 「プリンテッド・エフェメラ」という言葉をはじめて知った。エフェメラとは、「はかない」「短命な」という意味の英語。マッチラベル、牛乳瓶のフタ、トイレットペーパーの包み紙、割り箸の袋、入場券、切符など、長期的に使われたり保存されることを前提としない、使い捨ての印刷物類を指す。印刷用語で「端物印刷」というらしい。

 トイレットペーパーの包み紙やマッチラベル、海外の使用済みティーバッグなどを蒐集するエフェメラコレクターの横溝健志氏(武蔵野美術大学名誉教授)は、「包み紙は、消費者に意識されることもなく乱雑に剥ぎ取られて捨てられる。そういうところに端物印刷物としての本領を感じます」とその魅力を語る。はかなさへの愛ということだろう。

 実は筆者も一時期、大衆酒場のマッチを集めていたことがある。いまでも、特に地方の店ではもらうことがある。屋号とちょっとしたイラストが書かれただけの素朴なものが多い。もっとも筆者の場合は、はかなさへの愛情などではなく、記念的な意味合いしかないのだが。ただ残念なことに、喫煙者が減っているためだろう、マッチを置いている店は少なくなっている。

1/2ページ

最終更新:9月17日(土)6時15分

プレジデント

記事提供社からのご案内(外部サイト)

プレジデント

プレジデント社

2016年10.17号
9月26日発売

定価690円(税込み)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]