ここから本文です

マツコ・デラックスはなぜ、大衆の心を「わしづかみ」にできるのか?

ダイヤモンド・オンライン 9月17日(土)11時0分配信

 移り変わりの激しいテレビタレントの中で長年、高い好感度を保ち続けている芸能人のひとりがマツコ・デラックスかもしれない。なぜ、マツコの言葉は視聴者の心をつかんで離さないのか? その秘訣をビジネスパーソンも応用できるのか? 11月2日に満を持して開催する「ダイヤモンド社プレミアム白熱講座 “100%一発説得”最高のプレゼン術×最強のコピー術」に登壇する、ベストセラー『社内プレゼンの資料作成術』著者の前田鎌利氏と、神田昌典氏から「今後100年歴史に刻まれる名著」と評された『最強のコピーライティングバイブル』著者の横田伊佐男氏が語り尽くす。(構成:前田浩弥)

● 共感を生む「13文字」の法則

 ――マツコ・デラックスさんのお話しを聞いていると、なぜか自然と「うんうん、そうなんだよなー」と納得してしまいます。ほんとに自然とそうなってしまう。
 あの話術には、どんな秘密が隠されていると思いますか? 

 前田鎌利さん(以下、前田) 僕、マツコさん大好きなんですよね。
 だから、テレビを拝見しながら、よく分析しています(笑)。
 それで指摘したいのは、まず第一に「13文字の法則」ですね。

 ――「13文字の法則」? なんですか、それ? 

 前田 マツコさんのコメントって、すごく短いですよね? 
 共演者をばっさり切るトークが大人気ですが、第一声はほんとに短い。
 ズバッと印象的な言葉を吐くわけです。
 そして、その多くは13文字以内にまとまっています。
 これはおそらく、テレビ画面のテロップの文字数に合わせているのではないかと、私は考えています。
 テロップの文字がずらずら長いと読めないですよね? 
 だから、13文字以内に収めることで、音声と文字の2つの要素でドッと強い笑いが生まれる。自然と共感を生んでいる背景には、13文字の法則で、一発で僕たちの心に入るメッセージを打ち出しているからだと思うんです。

 ――なるほど、おもしろいですね。でも、なぜ、13文字なんですか? 

 前田 これは、人間の短期記憶のスペックによるものですね。
 どんな人でも一度に判読できる文字数は13文字程度と言われています。それ以上の文字数のものは文章として読まないと意味が理解できない。
 だから、『社内プレゼンの資料作成術』と『社外プレゼンの資料作成術』でも、「キーメッセージは13文字以内の『強い言葉』にまとめる」と繰り返し述べています。11月2日に開催する「ダイヤモンド社プレミアム白熱講座」で詳しくご説明するのですが、プレゼン資料に限らずさまざまな資料をつくるときには、読み手の心にアプローチするために、人間の脳のあり方を意識することが重要です。
 日本最大のニュースサイト「Yahoo! 」のニューストピックの見出しも13文字が上限になっているのは有名な話です。

1/3ページ

最終更新:9月17日(土)11時0分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国
違いが分かる食の帝国を徹底解明!
特集2 2017年新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続