ここから本文です

単なる「いい人」上司では有能な部下は育たない

ダイヤモンド・オンライン 9月17日(土)6時0分配信

● なぜ、松岡修造は「理想の上司」なのか

 明治安田生命が、今年の新社会人を対象に実施したアンケートによる「理想の上司ランキング」の男性上司編で、昨年2位だったスポーツキャスターの松岡修造氏が初めて1位となった。

 松岡氏は、ATP世界ランキング自己最高46位の元プロテニスプレイヤーで、現在はテニスをはじめとするさまざまなスポーツの解説などで人気を博している。とくに、国際大会では日本人選手たちに心の底から声援を送り、熱い言葉で励まし、選手の気持ちになって一緒に涙ぐんだりもする。

 しかし、その熱い解説で言っていることは、非常に冷静で的確。選手のコンディションなども細かく把握した上で、ロジカルでわかりやすい言葉が発せられる。面白いだけでなくためになるのだ。

 松岡氏といえば、錦織圭選手との“師弟関係”でも有名だ。改めて説明するまでもないが、錦織選手は先のリオ五輪の男子テニスで日本人として96年ぶりに銅メダルを獲得し、現在ATP世界ランキング5位のテニスプレイヤーだ。松岡氏は、小学生だった錦織選手の才能を見抜き、自らが運営する「修造チャレンジ」という、日本のトップジュニアを集めて指導するテニス教室に招待し、厳しい指導をしたそうだ。

 錦織選手は、「修造チャレンジに参加していなければ今の僕はいない。泣かされることも多々あったけれど、あの経験があってこその今がある」と話している。松岡氏は錦織選手の上司ではないが、自分にそんな経験を与えて育ててくれるような上司に出会えたなら、その後の人生は大きく発展していくに違いない。

 自分の部下のことを深く理解し、厳しい指導で育て、部下が独り立ちして自分の手を離れてからも常に熱い声援を送り、成果をあげれば自分のことのように心の底から祝福してくれる熱血上司。松岡氏からはそんな理想の上司像が浮かんで来る。

 本書『「最高の上司」は嫌われる』の著者、マルクス・ヨッツォ氏はハンブルク在住。国際企業ユニリーバで8年間管理職を務めた経験を活かし、「リーダーシップ・デベロップメント研究所」を設立。リーダー育成のコーチ、トレーナーとして活躍している。『Loslassen für Führungskräfte: Meine Mitarbeiter schaffen das(リーダーが手を引くとき部下に仕事を任せる方法)』という著書で、ジャーマン・スピーカーズ協会から2013年の「トレーナー書籍大賞」を授与された人物だ。

 本書でヨッツォ氏は、理想の上司となりチームを率い、有能な部下を育てる「最高のリーダーのあり方」について、わかりやすく解説している。

● 最高の上司は部下との調和を求めずにプレッシャーを与える

 最高のリーダーになる秘訣は何か。たとえば「部下に友人のようにやさしく接し、明確な目標を掲げ、できる限りの指揮・指導を与える。そしてことあるごとにフィードバックを伝え、間違いや失敗を恐れない空気をつくり出す」。確かにこれができれば「良いリーダー」にはなれる。しかしヨッツォ氏はそれだけでは「最高のリーダー」の条件にはならないとしている。

 本書では「上司がいなくても自立して働ける権限と能力を部下に授けるのが最高のリーダーである」と定義。そのためには調和を求めるのをやめて必要なら部下にプレッシャーを与えること、部下一人ひとりの潜在能力を引き出すこと、部下のモチベーションを高めるだけではなく彼らの情熱に火をつけること、という三つの実践を勧める。

 つまり最高の上司とは、仕事ができるやさしい人ではなく、厳しいけれども部下の自立を促し、良い仕事をするプレイヤーに育てるリーダーなのだ。

 とくに部下の自立を保つためには、問題の解決策を自分で見つけて部下に指示したり、進んで手を貸したりしてはいけない。

 その代わりにコーチの役割に徹し、部下が行き詰まっていても、高いハードルの前で尻込みしていても、そこから助け出すのではなく、自分で出口をみつけられるようにサポートするだけに留まることだ。

 私の友人に、日本未来科学館にある「ジオ・コスモス」開発のテクニカルプロデューサを務めた人物がいる。「ジオ・コスモス」とは、地球をかたどった球体のディスプレイを天井から吊るし、球体全面をLEDパネルで覆い、宇宙から見た地球の姿をリアルタイムで映し出す、というものだ。

 彼は最初にそのプロジェクトの担当になった時、「絶対に実現できない」と思ったそうだ。そして不可能な理由を書き綴った分厚い報告書をつくり、上司のところに持っていった。

1/3ページ

最終更新:9月17日(土)6時0分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国
違いが分かる食の帝国を徹底解明!
特集2 2017年新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]