ここから本文です

女子ゴルフ穴井詩、イ・ボミを振り切り9年目初V

デイリー新潮 9/17(土) 14:00配信

 近年、スポーツ界でも散見されるいわゆる“キラキラネーム”。若手の台頭が目覚ましい女子プロゴルフ界は意外と少ないのだが、唯一燦然と輝きを放っているのが穴井詩(28)である。詩と書いて「らら」と読む。

「音楽好きの子になってほしいから、とお父さんが名付けたそうです」

 とツアー記者が語る。

「11歳でゴルフを始め、お父さんの仕事の都合で渡米。アメリカ仕込みの個性的で豪快なスイングが持ち味です。平均飛距離は270ヤードと典型的な飛ばし屋ですが、曲げることも多い。プロ9年目で、これまで何度か優勝争いを経験しているものの、勝負どころで勝ち切れませんでした」

 そんな穴井が「ゴルフ5レディス」(優勝賞金1080万円)に挑んだ。ゴルフ5所属だから、ホステスプロとしての責務も問われる一戦だったわけだが、

「実は、この大会、昨年までの岐阜県・みずなみCCから、北海道のゴルフ5C美唄Cに会場が変わったんです。飛ばし屋向きの広々としたコースで、“穴井に勝たせるために変更したのでは?”なんて声も囁かれていました」

 その策が実ったのか、穴井は最終日、首位タイ発進。だが、14番得意のロングホールでボギーを叩き、昨年度この大会で優勝したイ・ボミ(28)らに1打差に迫られる。

「飛距離より正確性で勝負するボミには不利なコースですが、さすが賞金女王」

 ただ、穴井も踏ん張った。15番、16番連続バーディで後続を突き放し、悲願のツアー初優勝を果たした。

「それぞれ7メートルと5メートルのパットが決まった。最後はパターに助けられました」

 名前ばかりが輝いていたららが遂に自らキラキラと光り輝いた瞬間だった。

「週刊新潮」2016年9月15日号 掲載

新潮社

最終更新:9/17(土) 14:00

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。