ここから本文です

熊切あさ美、山田哲人との交際情報は自分から? 婚活パーティー司会に

デイリー新潮 9/17(土) 16:30配信

 里田まいはアイドルとしてはイマイチだったが、田中将大というメジャーリーガーと結婚した。“崖っぷちアイドル”の熊切あさ美(36)も同じような奇跡を信じているようである。が、世の中、そう甘くはない。片岡愛之助の次は、プロ野球選手の家に夜な夜な通っていると報じられたが……。

 ***

 愛之助と藤原紀香の熱愛が発覚したのは昨年5月末。それに対し、熊切は「別れていない」とゴネたものの、時既に遅しであった。

 そんな彼女の新たな男について報じたのが「女性セブン」(8月18日発売)である。芸能記者が言う。

「お相手は、昨年トリプルスリーを達成したヤクルトの山田哲人選手(24)。彼は、人気も実力もセ・リーグナンバーワンの野手ですよ。愛之助に負けず劣らずの超大物ですからね。記事には、山田が友人と食事をしているところに熊切が合流し、お開きとなった後、2人は時間差で山田のマンションへ消えたと書いてある。愛之助に続く、“大物食い”にはびっくりしました」

■山田は完全スルー

 その報道から約2週間後の9月3日、熊切は意外な場所に現れた。

「広島県福山市のホテルで行われた婚活パーティーに登場したんです」

 とは、参加者の一人。

「市制100周年を記念したイベントで、参加者は180人ほどでした。熊切さんは、お笑い芸人のドロンズ石本と共に司会役を務めたんです。司会と言っても彼女は賑やかしに近い役回りでしたね」

 午後6時半、開宴と共に熊切は姿を現したが、

「薄黒地の生地に真っ黒の水玉模様があしらわれたミニドレスを着てました。肩は丸出し、胸の谷間も見え、スカートは膝上20センチほどの丈しかない。キャバ嬢みたいで、明らかに彼女の格好は浮いていた。普段よりめかし込んで来た参加者より遥かに目立つのも、正直言ってどうかと。石本さんからは『今日、一番気合いが入っているのは、この人ですからね』なんて冷やかされていた」(同)

 別の参加者も、

「熊切が参加者の男性に話しかけたら、ドン引きされて逃げられていました」

 話を山田選手に戻せば、

「セブンのネタ元は熊切と親しいフリーの記者と言われています。愛之助との騒動の時も、彼女はこの記者に相談しセブンに情報がダダ漏れだった。今回は山田との交際を既成事実化するために、熊切が情報を流したというのです」(関係者)

 スポーツ紙の記者も言う。

「二人は交際してません。山田はセブンの記事が出た後、担当記者から熊切について質問されると、完全スルーでした。カノジョだったら、そんなつれない態度はしません。彼は遊びも百戦錬磨で、合コン三昧の日々を送っているそうです。熊切はたくさんいる遊び仲間の一人に過ぎず、山田もヤクルトも今回の報道におかんむりですよ」

 熊切の思惑は、見事に外れたことになる。婚活パーティーの司会を、やっている場合ではなかったようで。

「ワイド特集 きょうびの寓話」より

「週刊新潮」2016年9月15日号 掲載

新潮社

最終更新:10/14(金) 12:12

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。