ここから本文です

アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑【元SKE48/SDN48・手束真知子】

週刊SPA! 9/17(土) 16:20配信

 ミスマガジン2004、SKE48/SDN48の元メンバーという経歴を持ち、今は現役グラビアアイドルとして活動しながら、グラドルたちが働くカフェの経営者でもある手束真知子。そんな“二足のわらじ”をはく彼女だから語れる「フリーランスアイドル論」とは……?

⇒【写真】フリーランスアイドル・手束真知子の私生活

◆私生活を赤裸々に話したら仕事がなくなった

 テレビの歌番組とかで歌って踊るアイドルを見ると、いつもニコニコしていて可愛いし、かっこよくて、元気をくれる存在ですよね。私がアイドルグループにいた時代は、それこそ羨ましく思ってしまいひがんだときもありましたが、今はキラキラしたアイドルが純粋に大好きです。

 でもそんな画面には映らない「アイドルの私生活」になると、世の中の人やファンが抱いているイメージとの間には、けっこうギャップがあるものなんですよ。

 そんなギャップを改めて感じたのが、最近、ある取材依頼を受けたときのことでした。そこで言われたことにビックリ!

「手束さんは現役グラドルをやりながら経営もしているので、移動はやっぱり全部タクシーですよね」

「家賃高い良いマンション住んでそうですよね」

「休みの日はエステで20万円コースですか?」

「リムジンでシャンパン飲みながら女子会やるんですか?」

「バッグはエルメスのバーキンですか?」

 たしかにテレビの中のアイドルたちはタクシー移動していいマンション住んでシャンパンが似合うけど……。私ってそんなキラキラしたイメージだったの?? 実際はまったくそんなことないし!

 お店の買い出しでキャベツと玉ねぎとジャガイモを持って電車に乗っているし、エステ行かないし、女子会はスタバで十分だし、エルメスのバーキン持ってたら似合わないでしょう!って感じなんです。

 それをそのまま取材で伝えたら、「それならほかのアイドルさんにお願いするので……」と断られてしまい、仕事がなくなっちゃいましたよ……。キラキラしてなきゃダメなんですかね??

 一方で、ファンがアイドルに抱くイメージはその真逆ともいえるものだったりします。

「真知子ちゃんは毎日自炊してそう」とよく言われるので、たまに焼肉ランチ(1000円)を食べている写メをSNSにアップすると「こんな時間から焼肉!? セレブだね。遠い人になっちゃったかな」と、なぜか一気にセレブ扱い。

 ほかにも「イメージ通り/イメージと違う」の境界を探るならば、回転寿司はOKで回らない寿司は遠い人。韓国やアジア圏旅行はOKでグアムやハワイのアメリカ圏旅行は遠い人。競馬場ゴール板前はOKでパドックの中は遠い人(自分の趣味が入っててごめんなさい)などなど……。

 みんな、極端だよーーー!! たぶん、アイドルは平凡でちょっぴり金欠なイメージなんですよね。庶民的なのが好きというのはわかりますけど。そんな世間が抱くキラキライメージとファンが抱くキラキラしてない平凡イメージに挟まれて……、どちらのイメージも壊さないように、今日も私は電車に乗りながら普通にキラキラして生きたいと思います☆☆☆

【手束真知子(てづか・まちこ)】

ミスマガジン2004(原田桜怜名義)、SKE48/SDN48の元メンバー。現在はフリーランスで活動し、秋葉原でお店「発掘!グラドル文化祭」(http://guradorubunkasai.com/)をオープン。Twitterアカウント「@machi_pie」ブログ「手束真知子のウマくいく法則」(http://ameblo.jp/machi-pie/)。10月4日にはお店発のユニットのCD「全力!フリーガール」が発売予定

日刊SPA!

最終更新:9/17(土) 16:20

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2016年12月6日号
11月29日発売

¥390

・[死ぬまで年収300万円]の病巣
・眼を劇的によくする方法
・[(裏)流行語大賞]2016
・【インタビュー】ピコ太郎と古坂大魔王

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。