ここから本文です

アレ? 賞味期限の記載がない……知っておきたい焼酎の保存方法

NHKテキストビュー 9/17(土) 8:00配信

焼酎はどのような環境で保存するとよいのでしょうか。焼酎居酒屋の店主で、焼酎文化の普及にも力を入れている高橋研(たかはし・けん)さんに伺いました。



* * *



日本国内で販売されている焼酎には、賞味期限の記載はありません。これは賞味期限を表示する義務が法律的に課せられていないため。焼酎はアルコール度数が高いので、有害微生物などが繁殖しにくく、細菌類などの影響による品質の劣化が起こりにくいことから、賞味期限表示義務を免除されているのです。



ただし保管、保存状況によっては品質が変化することもあり、直射日光の当たる場所や、高温多湿の場所に保管していると、どうしても劣化が起こることは避けられません。開封した場合は、冷蔵庫の野菜室など、できるだけ10℃前後の場所に保管しておいたほうが安心です。



未開封の場合なら、日の当たらない暗い場所、温度変化が大きくない場所、例えば押し入れや床下収納などに保管するのがおすすめです。



また、瓶を立てたまま、しばらく放置しておくと、表面に油が浮き上がってきます。これはフーゼル油と呼ばれるもので、焼酎のうまみ成分ともなっていますが、においが気になることも。開封前であれ、開封後であれ、飲む前に瓶の上下を何度か返して、油を全体に溶け込ませておくと、油臭(あぶらしゅう)を緩和することができるので、ぜひお試しを。



監修:小林昭夫(本格焼酎の情報誌『焼酎楽園』〈現在休刊中〉編集長)



■『NHKまる得マガジン 味も香りも百花繚乱! 焼酎を楽しむ』より

NHK出版

最終更新:9/17(土) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

なぜ今? 首相主導の働き方改革