ここから本文です

KONAMIブース「ポッピングフラッシュ」コーナーが人気【TGS2016】

日経トレンディネット 9月17日(土)12時32分配信

 第5ホールのKONAMIブースでは新作ゲームの試遊台だけでなく、映画やTVCMの登場人物になったかのような撮影が楽しめる「ポッピングフラッシュ」コーナーも人気だ。

【関連画像】撮影が終わったら、全アングルからの写真を1枚1枚、チェックすることができる。お気に入りのアングルを指定してプリントアウトしてもらおう

 これは、円周上に内側を向いて並んだカメラで一斉に撮影することで、時間が止まったままカメラが360度回り込むような画像を撮影できる、というもの。映画「マトリックス」で一躍話題となり、その後、さまざまなTVCMなどでも見られるようになった“バレットタイム”という撮影方法で、KONAMIブースの同コーナーでは、誰でもこの技法を使った撮影をしてもらえるのだ。

思い思いのアイテムや衣装で撮ってもらおう

 コーナーにはユニフォームやプラスチック製のバット、ヘルメットにカツラ、サッカーボールなどが置かれている。思い思いのアイテムや衣装を身につけ、コーナーに設置されたゴールに向けてシュートを放った瞬間、あるいは、ジャンプしてポーズを決めた瞬間などを撮影してもらうことが可能だ。

15秒の動画として楽しめる

 撮影が終わると、好きなアングルをひとつ選び、その1枚をプリントアウトしてもらえる。プリントの右隅には二次元バーコードも印刷されていて、スマートフォンなどで読み込むと、サーバー上にアップされた“360度回転動画”を楽しめる。動画はTwitterやFacebookでシェアしたり、ダウンロードしての保存もOKだ。

 こんな撮影ができる機会はそうそうない。決定的瞬間の撮影に成功したら、ぜひ友達に自慢しまくってみてはいかがだろうか。

(文・写真/稲垣宗彦)

最終更新:9月17日(土)12時32分

日経トレンディネット

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]