ここから本文です

加藤英美里さん、自身がCVを務めるキャラに遭遇【TGS2016】

日経トレンディネット 9月17日(土)13時1分配信

 20周年ということもあり、いつにも増して盛り上がる東京ゲームショウ2016。次なるターゲットを探し、えみりんが会場内を歩いていると、なんとインテルのブースで“トレーサー”を発見!

【関連画像】せっかくなのでもう1枚。後ろのパネルに描かれているのがトレーサー。この3ショット、実は結構すっごいごいごいゴイゴイスー!

 トレーサーとは『オーバーウォッチ』のパッケージにピンで描かれているメインヒーロー。えみりんは大興奮で近づき、自ら写真撮影を依頼するほど。それもそのはず、トレーサーのキャラクターボイスは、えみりんが担当しているのだから。

 トレーサーと撮影してニコニコのえみりん。と思った矢先、隣で気になるものを発見。「あっ!ロボットだ!」

 インテルのブースでは『フィギュアヘッズ』とコラボレーションした、スケルトニクス株式会社のリアルな“2Foot”の試乗を開催中。フィギュアヘッズに登場する機体、2Footさながらのロボットを自分の手で動かすことができるのだ。これは乗るしかないでしょ、ビッグマシーンに!

 記念撮影をするなら、2Kのブースも一見の価値あり。まるで劇場のような作りのブースは、『マフィア3』の世界観を表現したものらしい。ブース前にはマフィアっぽい外国人モデルと金髪美女が気取ったポーズをとっているのだが、それがただひたすらにカッコイイのだ。

 多くの人が遠巻きに写真を撮るなか、えみりんが果敢に近づく。するとモデルさんに手招きされた。

(文/津田昌宏、写真/加藤 康、ヘアメイク/河口ナオ)

最終更新:9月17日(土)13時1分

日経トレンディネット

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]