ここから本文です

市場のトレンドが分かる専門セッションも大盛況【TGS2016】

日経トレンディネット 9月17日(土)13時30分配信

 東京ゲームショウ2016のビジネスデイ2日目にあたる9月16日、国際会議場の2、3階では、ゲーム業界に詳しい専門家たちを招いた3つのリレートーク&パネルディスカッションが開催され、多くの聴講者に好評を博した。

●ゲームトレンドセッション

 「東京ゲームショウ 2016」ビジネスデー2日目の9月16日、国際会議場3階:301会議室で開催されたのは、ゲームトレンドセッション「『e-Sports』市場最新事情~高まる市場拡大の期待と乗り越えるべき壁」。このセッションでは、カプコンの杉山晃一氏、Cygamesの木村唯人氏、フジテレビジョンの門澤清太氏をゲストに招き、さまざまな可能性を秘めた「e-Sports」を日本市場で普及させるための課題について語ってもらった。

●ゲームマーケティングセッション

 「ゲームトレンドセッション」に引き続き、国際会議場3階:301会議室で開催されたのは、ゲームタイトルをヒットさせる際に欠かせないデジタルマーケティングをテーマに据えた「ゲームマーケティングセッション」。ディー・エヌ・エーの佐藤基氏、アライドアーキテクツの村岡弥真人氏、LINEコーポレートビジネスグループの池端由基氏が「デジタルマーケティング徹底活用術~レコメンドやソーシャルメディアを駆使し、少額予算で最大の効果を目指す方法~」をテーマにトークを繰り広げた。

●ゲームテクノロジーセッション

 「ゲームマーケティングセッション」と並行して国際会議場2階:201会議室で開催されたのは、ゲーム業界の今年の本命ともいえるVR/AR技術について学べる「ゲームテクノロジーセッション」。「VRとARで迎えるゲーム新時代」をテーマに、4人の先駆者たちが、VR/AR技術を使いこなして面白くて新しいゲームを作るにはどうすればいいのかを語り合った。ゲストは、この秋『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム』を発売するバンダイナムコエンターテインメントの小山順一朗氏と田宮幸春氏、視線追跡型VRヘッド・マウント・ディスプレーを開発しているFoveの小島由香氏、2017年にスマートグラス「mirama」のリリースを予定しているブリリアントサービスの杉本礼彦氏。

(文/堀井塚高、写真/中村宏)

最終更新:9月17日(土)13時30分

日経トレンディネット

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]