ここから本文です

渡辺早織さん、人生を変えた「ぷよぷよ」に感激【TGS2016】

日経トレンディネット 9月17日(土)16時23分配信

 今年のゲームショウで、渡辺早織さん本人が「絶対に行きたい」と唯一リクエストしたのが『ぷよぷよクロニクル』の試遊コーナーだった。じつは、ゲーマー女子の原点がここにあったのだ!

【関連画像】さっそくゲームをスタート。これまで以上の笑顔になる渡辺早織さん

「はい。初めて遊んだゲームが『ぷよぷよ』なんです」

 その最新作がプレーできるとあっては、行くしかない、というわけだ。渡辺早織さん、これまで以上のテンションで『ぷよぷよクロニクル』の試遊コーナーに向かったのだった。

楽しんでいるから話しかけないでください!

 他の試遊台では、ときおりコンパニオンの方などにゲームの進め方を聞きながらプレーをすることもあった渡辺早織さんだが、『ぷよぷよクロニクル』では、まるで違っていた。楽しんでいるから話しかけないでください!とばかりのオーラを出しながらゲームに没頭する。

 しかも、これまでの『ぷよぷよ』とは違い、RPGの世界で、出てくる敵を「ぷよ」の連鎖で倒していくという新しいゲームシステムであるにも関わらず、まるでアドバイスを受けることなく、どんどんゲームを進めていったのだ。心底『ぷよぷよ』が好きなようだ。

 すると、そこまでの大ファンであることを知ったセガのスタッフは、最後にサプライズを用意してくれた。なんと『ぷよぷよクロニクル』のプロデューサーの方が、わざわざ挨拶に出向いてくれたのだ。渡辺早織さんにとっては、別れられない体験プレーのひとときとなったのだ。

(文/野安ゆきお、写真/加藤 康)

最終更新:9月17日(土)16時23分

日経トレンディネット

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]