ここから本文です

スカーレッドライダーゼクスが音ゲーになった【TGS2016】

日経トレンディネット 9月17日(土)16時40分配信

 TVアニメ「スカーレッドライダーゼクス」(2016年7月に放送開始)を題材としたリズムゲーム『スカーレッドライダーゼクス 青と紅の狂詩曲』。キャラクターソングをはじめとした、20曲以上の楽曲でリズムゲームができるとあってアニメファンにはたまらない内容だ。

【関連画像】イケメンキャラたちの声を演じるのは豪華な声優陣

 ゲームは難易度が3段階用意されているので、音ゲー初心者でも大丈夫。リズムゲーム以外にも書き下ろしのストーリーイベントも満載なので、これを機に音ゲーにチャレンジするにもおすすめのタイトルだ。楽曲にはラブ、デス、テンションの3つの属性があり、この属性によってステージの雰囲気が変わるのも見どころ。

 ブースでは試遊のほかに、9月18日(日)の11時から、HarvesT/BBB特設ステージで、原作の伊東愛氏、楽曲を多く手がけているの高井麗氏が登壇し、「スカーレッドライダーゼクス」の魅力を大いに語ってくれる。

 また、同日13時からは同じく特設ステージで「スカーレッドライダーゼクス 青と紅の狂詩曲 スペシャルステージ」を開催する。ゲストに放映中のTVアニメ『スカーレッドライダーゼクス』出演声優の錫木カズキ役・高橋広樹、エピフォン役・藤原祐規の2人が登場。アプリの最新情報やスペシャルトークが楽しめる。アプリ内ではTGS出展記念イベントを実施中。遊ぶなら今だ!

(文・写真/永浜敬子)

最終更新:9月17日(土)16時40分

日経トレンディネット

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]