ここから本文です

やめて正解?「あついぞ熊谷」キャンペーン終了に波紋

R25 9/18(日) 7:00配信

日本屈指の暑い街・埼玉県熊谷市が行っていた「あついぞ!熊谷」キャンペーン。これがひっそりと終了していたことが伝えられ、話題となっている。

熊谷市は「暑い街」として知られ、2007年8月、当時の国内観測史上最高気温、40.9度を記録。2005年からは、夏の暑さを逆手にとり、暑さを楽しみながら積極的にまちづくりに活かす「あついぞ!熊谷」事業を推進。シンボルキャラクター「あつべえ」がプリントされたグッズや、熊谷市PR映画『あついぞ!熊谷』を作るなどしていた。しかし毎日新聞によれば、市職員から「暑さをPRし続けては人が住んでもらえないのではないか」との疑問の声もあったといい、このキャンペーンが「定住促進に悪影響」だったとして昨年度いっぱいで終了となったのだとか。

このニュースに対し、Twitterには、

「知らなかったから、ショック!これはこれで良かったと思うんだけどなぁ!」
「ネガティブになってどうする!熊谷から『あつい』を取ったら何になる?暑さだけじゃなくて人・街の熱さ・情熱も由来してるはずだぞ」
「ここまで 暑さの恩恵を受けて? いまさら ひっそりって なんだかなぁ~」

と惜しむ声があがっているものの、

「もっと早く気付くべき…」
「確か売りにはならんわなあ」
「うん、止めて正解だと思うw」

と、冷静な声も。なかには、

「暑さプラス何かがないから暑いだけの街になっちゃうんだよな/京都はクソ暑くてクソ寒いサイテーの気象条件の街だけど京都=暑い寒いじゃないもんな」

と、 “暑さ”以外にもっとセールスポイントが必要だったという意見もあった。

ただし熊谷市は、今年6月、広報大使として市のPRを行う少年少女「『あついぞ!熊谷』U-18少年熱中大使」を募集するなどしており、「あついぞ!熊谷」というキャッチフレーズは部分的に使用が継続されているよう。

今後、暑さを生かしたプロモーションキャンペーンが別のかたちで行われるのか、来年の夏に期待したい。
(花賀 太)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/18(日) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。