ここから本文です

1位は「自撮り女子」! 男性がイラつく同僚女性TOP10

R25 9月18日(日)7時0分配信

毎日のように顔を合わせる「同僚女性」。できるだけ良好な関係を築きたいものだけど、ふとした瞬間の言動に「うわっ…」と内心引いてしまった経験はないだろうか。面と向かっては言えないけれど、そんな「正直引いてしまう同僚女性の言動」を20~30代の男性会社員200人に尋ねてみた(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

■こんな同僚女性はイヤ! 正直イラッとしているポイントTOP10
(全12項目から上位1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計)

1位 SNSに自撮りの写真が多い 170pt
2位 自分に関係のない問題でも首を突っ込もうとする 137pt
3位 同性を誰かれかまわず「かわいい」とほめる 131pt
4位 自分で自分を「天然」という 114pt
5位 自虐ネタがやたら多い 91pt
6位 「酒が強いの」とやたら酒豪自慢をする 82pt
7位 自分で自分を「毒舌」という 80pt
8位 下ネタにやたら参加しようとする 76pt
9位 自分の生い立ちをやたら話したがる 74pt
10位 いつも笑顔だが目が笑っていない 67pt

番外
11位 ことあるごとに「私はすごくないから」と謙遜する 65pt
12位 1人カラオケ、1人焼肉など、1人で行動したことをアピールする 37pt

女性が好きな「SNSへの自撮り投稿」がトップに。確かに、ことあるごとに自撮り画像を頻繁にアップしている人は、自意識が強そうで今後の付き合いを考えてしまう…。また、「酒が強いアピール」や「下ネタ参加」もランクイン。一見男の話についてきてくれるノリの良い女性に見えるものの、行き過ぎると不快に感じるのかも。それぞれに寄せられたコメントも紹介しよう。

●1位 SNSに自撮りの写真が多い 170p
「かまってチャンだと思う」(27歳)
「自信過剰な感じがするから」(29歳)
「自撮りしている女性をみると自分のルックスにどれだけ自信があるのかと思ってしまう。本当にきれいな人はイラッとはしないが、そうでない人がやっているのを見るとイラッとする」(32歳)
「リア充アピールがうざい」(35歳)
「まったく関係ない自撮りとともに、海外にいますアピール」(36歳)

●2位 自分に関係のない問題でも首を突っ込もうとする 137pt
「絡んでほしいアピールが嫌」(30歳)
「自分が中心になりたいのかなんの話でも入ってきてかき乱す」
「その人のしらない話をしているのに、話にはいってきて、最終的にこちらの知らない自分の知人の自慢話で完結した」(36歳)

●3位 同性を誰かれかまわず「かわいい」とほめる 131pt
「内容が嘘っぽく聞こえる」(30歳)
「バカにされている感じがある」(38歳)
「同じ言葉を何度も繰り返していてウンザリ」(39歳)

●4位 自分で自分を「天然」という 114pt
「キャラを作っていると思うから」(28歳)
「わざとらしい間違い方などをし、周囲から『天然だね』って言ってもらいたがっているのが見え見え。計算高さが垣間見える」(37歳)
「失敗のいいわけみたい」(39歳)

●5位 自虐ネタがやたら多い 91pt
「聞いても何も感じないし、そんなことないですというのが疲れる」(32歳)
「最初は笑えるがだんだんと嫌になってくるから」(38歳)

●6位 「酒が強いの」とやたら酒豪自慢をする 82pt
「男性の癖にお酒弱いの?と聞かれるとむかつく」(26歳)
「酒豪アピールして結局酒豪じゃない」(28歳)
「悪酔いして面倒くさくなる」(37歳)

●7位 自分で自分を「毒舌」という 80pt
「毒舌だから何?と思ってしまう。ただストレートなだけなので自分で言う必要はない」(32歳)
「改善してくれと思う」(33歳)

●8位 下ネタにやたら参加しようとする 76pt
「下ネタに参加しようとするのは、少し品がないような気がする」(23歳)
「下ネタ、ほどほどに参加してくるのはいいが自分から男勝りにいってくるうえ、ほかの人にも強要してくることがあったから。見ていてつらい」(37歳)

●9位 自分の生い立ちをやたら話したがる 74pt
「くどそうだから」(29歳)
「酒の席などで延々と生い立ちとそれから派生する自慢話を聞かされて正直いらっとした」(30歳)

●10位 いつも笑顔だが目が笑っていない 67pt
「無理して笑っているのを見てると逆にムカつく」(27歳)
「見ているほうがストレスがたまる」(33歳)

男性社員たちの厳しい本音が続々と集まった。なかには「なるほど」と思わずうなずきたくなるコメントもあるけれど、ポロリと口に出してしまうとビジネスに支障をきたしかねない。アンケート結果を見てハラオチするにとどめておこう。
(藤あまね)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9月18日(日)7時0分

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場