ここから本文です

水没スマホが復活?“魔法の袋”に託すラストチャンス

R25 9/18(日) 7:00配信

水没スマホが復活?“魔法の袋”に託すラストチャンス

写真:R25 水没スマホが復活?“魔法の袋”に託すラストチャンス より

肌身離さず持ち歩くスマートフォンは、何かとアクシデントに遭遇しがち。例えば、うっかり飲み物のグラスを倒したり、水場で手を滑らせたりして、スマホを濡らしてしまった、なんて話はよく聞きます。防水対応のスマートフォンを濡らしたら、うっかり接続端子のカバーが外れていた、なんてことも。

スマートフォンのような電子機器にとって水分は大敵です。電子回路がショートしたり、部品が錆びたりすることで故障してしまえば、修理をするか買い換えるかしかありません。でも、そんな時、ショップへ駆け込む前に試してほしいアイテムがあります。

『水没レスキュー袋』は、一般的に市販されているものの5倍もの吸湿力を備えた乾燥剤と、スマホを密封できる袋がセットになった商品。水没でスマホが壊れる理由の多くは、水分による電気回路のショートです。ただし、ショートしたからといって必ずしも完全に壊れるわけではなく、水分を取り除くことで、元通り動く可能性も残されています。

『水没レスキュー袋』は強力な乾燥剤により、できるだけ速く乾かすことで、スマホ復活に一縷の望みを託すアイテム。スマホを水没させてしまったら、急いで電源を切り、SIMカードやmicroSDカードを抜き、バッテリーが取り外せる機種ならそれも外して『水没レスキュー袋』に収めて密封。そして、24時間ほど経てば、水没したスマホを乾燥させることができます。

もちろん、水没したときに完全に壊れてしまっていることも多く、完全に乾燥させることができても必ずしも復活するとは限りません。しかし、どうせ買い換えの前に、最後の頼みの綱として試すには、悪くない価格と言えましょう。

濡らしてしまってから買いに走っても手遅れです。いつ遭遇するかわからない「万が一」を考えるなら、今すぐ買ってカバンに常備してはいかがでしょう。

(青山祐輔)

『水没レスキュー袋』(ミッド・インターナショナル/価格:1480円)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/20(火) 16:52

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。