ここから本文です

59才男 娘が12才年下と結婚し、取り乱して号泣

NEWS ポストセブン 9/18(日) 16:00配信

 男親にとって娘の結婚ほどメンタルをやられるものはない。しかも、連れてきた相手が予想外だったら…。群馬県に住む女性Tさん(58才)が、地方公務員の夫(59才)のエピソードを告白する。

 * * *
「もう結婚は無理かも」と言っていた34才の娘が突然、「紹介したい人がいる」と男性を連れてきた。さすがの主人も大喜びしたわよ。彼と会って、ひと回りも年下の22才とわかるまでは。

「12才年下ってことはダ、あっちのほうも盛んってことダ。34才、うちの娘は女盛りってことダ。大丈夫なのか?」

 とても娘には聞かせられないようなことを連日、私の後を追いかけ回して言うの。頭にきて、「そのまんま娘に言えば。お父さんが言えないなら、私が言うよ」とキレたら、なんと、いきなり目から大粒の涙を流して、「オレの気持ちがわかんないのかよぅ~」って号泣。

 で、結婚してすぐ妊娠がわかったら、「バンザーイ」って、号泣。生まれてまた大泣き。

 長いこと、泣く子も黙る捜査四課(暴力団担当)だった主人に、びぇ~んと泣かれると、もうどうしたらいいんだか。

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

最終更新:9/18(日) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。