ここから本文です

ぱたんと折りたたんで使うポーチ「patan」がシンプルかわいい

東京ウォーカー 9月18日(日)7時30分配信

多岐にわたる文具を開発してきた学研ステイフルが、 新しい文具ブランド「bnbg(ビーエヌビージー)」を立ち上げた。これはアートディレクターとして国内外でさまざまな分野で活躍しているデザイナーの居山浩二氏を迎えて始まったもの。「日常を少し楽しくする、高機能・高品質な文房具を」というコンセプトの「bnbg」として最初の文具は、2016年9月15日に発売された2wayポーチ「patan(パタン)」だ。

【写真を見る】「patan(1 2 3)1296円(税込)

“patan”は、その名の通りぱたんと折りたためる仕様。中に入れるものが少ない時は二つにたたんでコンパクトにできる。ファスナーが二つついているため、片側にはよく使うペンを入れもう一方には使用頻度の少ないものを入れ、使いたいものをすぐに探すことが可能だ。マチも付いており、広げて使えば化粧品も問題なく入れることができ、コスメポーチとしても活躍する。

デザインは8種類。「ストライプ柄」や「ドット柄」とポップなものから、「数字のみ」といったシンプルなデザインも。形は使い勝手の良さを考えたシンプルな構造だが、フロント・ポケット・バック面にそれぞれ異なるデザインを施したり、内側にもストライプ柄の生地を使うことで、シンプルかつデザイン性も高い商品になっている。

「かわいい」も「機能」もひとつで二度おいしい“patan”、一度手にとってみてはいかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9月18日(日)7時30分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

東京ウォーカーの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]