ここから本文です

日清食品 カップヌードル謎肉10倍で「バカを体現」

NEWS ポストセブン 9/18(日) 16:00配信

 9月12日、日清食品が「カップヌードル45周年記念」として、具のダイスミンチ、通称「謎肉」を10倍増量した「カップヌードルビッグ “謎肉祭”肉盛りペッパーしょうゆ」を発売したところ、想定を上回る売れ行きで発売3日で出荷停止となってしまった。爆発的人気はなぜか。フリーライター・神田憲行氏が取材した。

 * * *
「謎肉」とは豚肉と野菜を味付けして四角くフリーズドライした肉のことで、正確には「味付豚ミンチ」、同社では「ダイスミンチ」という。だが一見してなんの肉かわからないため、ファンはネットで親しみを込めて「謎肉」と呼んでいる。その10倍増量とは、面白い企画だ。

 私は発売翌日の13日にコンビニエンスストアでこの商品を買い求め、日清ホールディングス広報部に取材の電話を掛けた。すると、「あーその件ですか……」と意外に口が重い。いったいどうしたのだろう。

「いや取材をしていただけるのは大変有り難いのですが、実は販売してすぐ大変な人気でして、お店によっては入手しづらいところも出ていてご迷惑をおかけしているんですよ。それでまた取り上げていただくと、ますますお客様のもとに届かなくなるんじゃないかという懸念がありまして……」

 なんとか取材には応じて貰えたものの、いまにして思うとその懸念は現実のものになってしまったわけだ。15日の毎日新聞の記事によると、一般的なカップヌードルの販売ペースなら1カ月半は持つ在庫を用意していたのだという。1カ月半が3日で終わり……。10月下旬の販売再開を目指すともあるが、凄まじい売れ行きである。

 それにしてもなぜ「謎肉」の増量という企画を思い付いたのだろう。

「ダイスミンチ(謎肉)は、もともと当社の調査よるとカップヌードルの具材としていちばん人気がありました。一時期、ダイスミンチをやめてチャーシュータイプの『コロチャー』という肉に変更したことがあったんですが、お客様からのダイスミンチ復活の要望が高く、現在はダイスミンチとコロチャーの2種類を入れているぐらいです」(日清ホールディングス広報部、以下同じ)

1/3ページ

最終更新:9/18(日) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。